ワード(Word)のキーボードショートカットまとめと一覧表

質問ワードを使用中にキー操作で作業を楽にできる方法がありますか?

回答キーボードショートカット(ショートカットキー)を 4つに分類してまとめて紹介します。

ほかにもキー別、アプリ別に解説しています。

まとめ Ctrl+  Alt+  Windows+  Fキー 
 ブラウザー  Excel  Word  PowerPoint 

そして「総合一覧表」もあります。

(最終更新日:2023年11月16日

Microsoft Word のキーボードショートカット(ショートカットキー)をまとめた記事を書いたのは 13年前の 2010年のことです。

いまでもワードの「ショートカットキー」の多くは同じですが、新たに「リボン」に関するものも追加してまとめてみましょう。

まずは Microsoft サポート公式の一覧表はこちらにあります。

ですが数が多いので、今回も大きく4つに分類してみました。

  1. リボン
  2. 移動
  3. 文書編集
  4. その他

すべてではありません。代表的なもの、便利なものを選んで紹介します。

◎1.「リボン」の操作(マウスを使わない方法)

  • Alt または F10
    • 「リボン」のタブに「キーヒント」が出現します。
      qa230719-02.png
    • 「キーヒント」のキーを入力することで「タブ」を選択できます。
      「挿入」タブなら「N」です。
    • 選択された「タブ」の「リボン」に新たに「キーヒント」が現れ、そのキー入力で該当「コマンド」を実行可能。
      qa230719-03.png
    • Alt キーで「タブ」が選択された状態なら「左右の矢印キー」で「タブ」の選択を移動させてリボンの切り替え可能。
    • 「タブ」が選択された状態で「下矢印キー」で「リボン」にフォーカスが移動。
    • その状態で「矢印キー」や「Tab」キーでコマンドを選択でき、「Enter」キーあるいは「Space」キーで実行。
      qa230719-04.png

「Alt」キーを押すと「キーヒント」で表示されるので覚える必要はありませんが、以下の組み合わせで各「タブ」は選択できます。

  • Alt + F 「ファイル(File)」タブ選択 =「Backstage」画面が開く
    • Alt + F + T 「オプション(OpTion)」画面を開く
  • Alt + H 「ホーム(Home)」タブ選択
  • Alt + N 「挿入(INsert)」タブ選択
  • Alt + JI 「描画」タブ選択
  • Alt + G 「デザイン」タブ選択
  • Alt + P 「(ージ)レイアウト」タブ選択
  • Alt + S 「参考資料」タブ選択
  • Alt + M 「差し込み文書」タブ選択
  • Alt + R 「校閲(Review)」タブ選択
  • Alt + W 「(ィンドウ)表示」タブ選択
  • Alt + Y1 「ヘルプ」タブ選択
  • Alt + Q 「検索アシスト」を選択

「Alt + F」と「Alt + H」は使用頻度も高く、頭文字で覚えられ、Office共通なので覚えておくといいでしょう。

さらに「Alt + F」で「キーヒント」が表示された状態の「Backstage」画面で「T」キーを押すと「オプション」画面が開きます。

「Alt + F + T」で覚えておいてもいいでしょう。「T」は「Op ion」に含まれていると強引に覚えてもいいかも。

 

ほかにも「リボン」の表示関連で以下のショートカットキーがあります。

以前のバージョンの「全画面表示」をキー操作で実行するには「Office のメニューキー シーケンス」が使えます。

「全画面表示」を呼び出す場合は

  • Alt + V + U

が使えます。「V」は「表示View)」の頭文字で、「U」は「全画面(Full screen)」の一部、つまり「Full」の「U」だと覚えれば忘れにくいでしょう。

同様に「Office のメニューキー シーケンス」を使って「オプション」画面を開くこともできます。

  • Alt + T + O

T」は「ツールTool)」の頭文字、「O」は「オプションOption)」の頭文字で「アクセスキー シーケンス(Alt + F + T)」より覚えやすいです。

 

◎2.「印刷レイアウト」でのドキュメント内の移動

  • Ctrl + PageUp  前ページの先頭へ
  • Ctrl + PageDown 次ページの先頭へ
  • Ctrl + Home ドキュメントの先頭へ
  • Ctrl + End  ドキュメントの末尾へ
  • Home 行の先頭へ
  • End  行の末尾へ
  • F5 または Ctrl + G
    「検索と置換」画面を開いて「ジャンプ」タブ画面を表示
    qa230719-05.png
    → 希望のページ数を入力し「Enter」キーで移動できます。
    ※画面下のステイタスバーで「ページ」表示をクリックすると「ナビゲーション」画面が開いて「ページ」移動できます。
    qa230719-06.png
  • Shift + F5 直前の編集位置に移動  

◎3.文書編集

◇「フォント」全般の設定変更

  • Ctrl + Shift + F または Ctrl + D 「フォント」設定画面を開く
    「Font」の頭文字を使う「Ctrl + Shift + F」のほうが覚えやすいかも。

◇「文字」の修飾切り替え操作

  • Ctrl + B 太字 「Bold(ボールド体)」の頭文字「B」
  • Ctrl + I 斜体 「Italic(イタリック)」の頭文字「I」
  • Ctrl + U 下線 「Underline」の頭文字「U」
    修飾したい文字列を選択した状態で、これらのキー操作をします。すでに修飾済みの文字列の場合、同じ修飾なら解除になります。
    qa230719-07.png

◇フォントサイズの変更

  • Ctrl + < フォントサイズを1ランク縮小
  • Ctrl + > フォントサイズを1ランク拡大

正確にいえば「<」キーは、「Shift」を押しながら「,(カンマ)」キー、「>」キーは、「Shift」を押しながら「.(ピリオド)」キーということですが「<」「>」のほうが覚えやすいでしょう。

さらに、細かくサイズ調整をしたい場合は「1ポイント(1pt)」ずつの拡大縮小も以下のキー操作で可能です。

  • Ctrl + [ フォントサイズの1ポイント縮小
  • Ctrl + ] フォントサイズの1ポイント拡大

「 < 」と「 > 」、また「 [ 」と「 ] 」はどちらが縮小か拡大か迷いやすいので、とりあえずこのペアを覚えておいて「Ctrl」キーを押したまま、両方のキーを交互で押してみれば確認できます。

◇段落の揃え方を指定

  • Ctrl + R 右揃え  「Right(右)」の頭文字「R」
  • Ctrl + E 中央揃え 「Center(中央)」の二文字目
  • Ctrl + L 左揃え  「Left(左)」の頭文字「L」

◇改行と段落分け、改ページ

  • Enter     文章の末尾で段落を分けたいとき。
  • Shift + Enter 文章の末尾で改行を行ないたいとき。

たとえば箇条書きをしているときに2行にしたい場合には「Shift」キーを押しながら「Enter」キーを押せば同じ項のままで改行となり、次の項には移りません。

  • Ctrl + Enter 改ページ

◎4.その他の便利なキー操作

  • Ctrl + Z 直前の操作を「元に戻す」
    → この操作が指に馴染んでいれば、ちょっとキー操作をミスしても、すぐに元に戻せるから安心です。
  • Ctrl + Y 可能なら直前の操作を「やり直す」
     
  • Ctrl + F 「ナビゲーション」ウィンドウを表示
    ※ ドキュメント コンテンツ内を検索
  • Ctrl + G 「検索と置換」の「ジャンプ」タブ画面を開く
  • Ctrl + H 「検索と置換」の「置換」タブ画面を開く
     
  • Ctrl + Alt + Space 音声読み上げ
     
  • Ctrl + N 新規ファイルを開く
  • Ctrl + F12 または Ctrl + O
    「ファイルを開く」画面を開く
     
  • Ctrl + S 上書き保存
  • F12  「名前を付けて保存」画面を開く
     
  • Ctrl + W ファイルを閉じる
  • Alt + F4 ウィンドウを閉じる


◆◇◆

ほかにも、たとえば「アウトライン表示」を多用する人には、その操作に便利なショートカットキーもありますが、その場合はやはり「ヘルプ」などを参考に自分が必要なものだけを覚えるといいでしょう。

あまり使わない、たまにしか使わないショートカットキーは覚えても忘れてしまいますし、そんなときは「リボン」を使って操作したほうが早いので無理に覚える必要はありません。

それでもワードでは何回も同じ操作をする場面があり、さらに文書作成入力作業にはキーボードの利用が中心なので、そういう作業中に便利と実感できるショートカットキーだけ、身に付ければ十分でしょう。

 

以下に一覧表としてまとめました。頭文字を使ったショートカットキーには「元の英単語の表記」と「頭文字の赤字表示」をしています。

 
◎「Word」キーボードショートカット一覧表

まとめ Ctrl+  Alt+  Windows+  Fキー 
 ブラウザー  Excel  Word  PowerPoint 

▲ 記事トップの解説に戻る ▲

操作赤字英単語の頭文字 ショートカット
1.「リボン」操作(マウスを使わない方法)
「リボン」のタブに「キーヒント」を表示/解除
同時に「現在のタブ」にフォーカス/解除
Alt | F10
 
「ファイル(File)」タブ選択 
※「Backstage」画面が開く 
Alt + F
オプション(OpTion)」画面を開く Alt + F + T
「ホーム(Home)」タブ選択  Alt + H
「挿入(INsert)」タブ選択  Alt + N
qa230719-02.png
「描画」タブ選択  Alt + JI
「デザイン」タブ選択  Alt + G
「(ージ)レイアウト」タブ選択  Alt + P
「参考資料」タブ選択  Alt + S
「数式」タブ選択  Alt + M
校閲Review)」タブ選択  Alt + R
「(ィンドウ)表示」タブ選択  Alt + W
「ヘルプ」タブ選択  Alt + Y1
「検索アシスト」を選択  Alt + Q
 
リボンを折りたたむ/展開する Ctrl + F1
リボンの非表示/表示
※「全画面表示モード」と同じ
Ctrl + Shift + F1
 
◇「Office のメニューキー シーケンス」を使用
以前のバージョンの「全画面表示(Full)」 Alt + V + U
「オプション(Option)」画面を開く Alt + T + O
 
2.「移動」操作(「印刷レイアウト」のドキュメント内)
前ページの先頭へ Ctrl + PgUp
次ページの先頭へ Ctrl + PgDown
 
ドキュメントの先頭へ Ctrl + Home
ドキュメントの末尾へ Ctrl + End
行の先頭へ Home
行の末尾へ End
 
「検索と置換」の「ジャンプ」タブ画面を表示 F5|Ctrl + G
直前の編集位置に移動  Shift + F5
 
3.文書編集
「フォント」設定画面を開く(Font) Ctrl + Shift + F|Ctrl + D
 
太字(Bold Ctrl+ B
斜体(Italic Ctrl + I
下線(Underline Ctrl + U
 
フォントサイズを1ランク縮小 Ctrl + <
フォントサイズを1ランク拡大 Ctrl + >
フォントサイズの1ポイント縮小 Ctrl + [
フォントサイズの1ポイント拡大 Ctr + ]
 
右揃え(Right) Ctrl + R
中央揃え(CEnter) Ctrl + E
左揃え(Left) Ctrl + L
両端揃え Ctrl + J
均等割り付け Ctrl + Shift + J
 
文章の末尾で段落分け Enter
文章の末尾で改行 Shift + Enter
改ページ Ctrl + Enter
 
4.その他の便利なキー操作
直前の操作を「元に戻す」 Ctrl + Z
可能なら直前の操作を「やり直す」 Ctrl + Y
 
「ナビゲーション」ウィンドウの表示/検索 Ctrl + F
「検索と置換」の「ジャンプ」タブ画面を開く Ctrl + G
「検索と置換」の「置換」タブ画面を開く Ctrl + H
 
音声読み上げ Ctrl + Alt + Space
 
新規ファイルを開く(New) Ctrl + N
「ファイルを開く」画面を開く(Open) Ctrl + F12|Ctrl + O
 
上書き保存(Save) Ctrl + S
名前を付けて保存」画面を開く F12
 
ファイルを閉じる Ctrl + W
ウィンドウを閉じる Alt + F4

▲ 記事トップの解説に戻る ▲

まとめ Ctrl+  Alt+  Windows+  Fキー 
 ブラウザー  Excel  Word  PowerPoint 

 

理解を深めるための「パソコン用語解説

記事の情報は公開時あるいは更新時のもので、最新情報はリンク先など情報元の公式ページでご確認ください。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコントラブルQ&A」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「ワード(Word)」のQ&A

 

同じカテゴリー「ワード(Word)」の用語解説

 

同じカテゴリー「ショートカットキー」のQ&A

 

同じカテゴリー「ショートカットキー」の用語解説

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

年別Q&A (1131 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。