「アクセスキー」「キーヒント(KeyTips)」とは

特殊キー、特に「Alt」キーを押しながら特定の文字や数字のキーを同時に押すことでパソコンを操作するキーを「アクセスキー」、そのキーが何か伝える小さな表示を「キーヒント」と呼ぶことがあります。

通常、文字や数字のキーを押すと、当然、該当する文字や数字が入力されますが、たとえば『「Alt」キーを押しながら』であれば入力はおこなわれず『本来とは違う意味を持たせる』ことができます。

wd220511-05.png

 

このとき、一緒に押すキーのこと、あるいは「Alt」キーとの組み合わせを含めて「アクセスキー」と呼びます。キーの組み合わせについては「ショートカットキー」「キーボードショートカット」という用語も使われます。

そんな「アクセスキー」ですが、どの文字や数字が、どの操作に対応しているかは数が多いと覚えるのが大変ですし、間違えると面倒です。

 

そこで、たとえば「Alt」キーを押している間に小さな表示が現れて、一緒に押すべきキーを教えてくれるのが「キーヒント」ですが、有名なのは Microsoft Office のアプリで表示されるものです。

wd220511-01.png

Office のヘルプによると英語では「KeyTips」です。統一して欲しいところです。

 

たとえば Excel で表を開いた状態で「Alt」キーを少し長めに押すと黒くて小さい四角形の「キーヒント」が現れます。

wd220511-02.png

そして表示されたキー(アクセスキー)を押せば、対応したメニューやアイコンの選択や操作の実行ができます。何度か押して一段、詳しいメニューを操作できることもあります。

wd220511-06.png

「Alt」キーを押し続けなくても、途中で放しても、あるいは「Alt」キーをポンと押すだけで「キーヒント」が表示されたままになります。

 

それから Office のアプリの場合は「F10」キーでも代用できます。

wd220511-04.png

表示されたキーを押して実行するもよし、使わなければ再度「Alt」や「F10」キーを押すと表示は消えます。ほかの操作、たとえば適当なセルをクリックしても「キーヒント」表示は消えます。

 

そんな「キーヒント」を「らくらく検索」でも採用しました。ショートカットキー操作が使いやすくなっています。

wd220511-03.png

ぜひ一度、お試しください。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「ウインドウズ操作」の記事

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (638 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。