ワード(word)、エクセル(Excel)ファイルをPDFに変換、保存

質問ワードやエクセルのファイルを「PDF」形式で保存するには?

回答Office 2007 には「PDF」形式で保存できる拡張機能ツール(アドイン)がマイクロソフト社から提供されています。

インターネット上で公開される文書の保存形式として、かなり広く普及した感のある「PDF」形式のファイルですが、無料配布の Adobe Reader (アドビリーダー)というソフトを使えば誰でも開けるので便利です。

◆ 「PDF」ファイルはなにが便利なの?
http://www.724685.com/weekly/qa040519.htm

特に政府や企業がインターネット経由で発表する文書は印刷しやすく、内容の改ざんも難しい「PDF」形式にするのが普通になってきました。

 

そうなると、最も普及しているワープロソフトであるマイクロソフト社の「ワード」で作成した文書を簡単に「PDF」形式で保存できるようになれば、いろいろと便利なのは明らかです。

そんなこともあり、「今週のQ&A」では以前、「ワード」はもちろん、いろんなソフトウエアで作成したファイルを「PDF」形式で印刷できるフリーのソフトウエアがあることを紹介しました。

◆ ワード、エクセルをPDF変換するフリーソフト
http://www.724685.com/weekly/qa060719.htm

 

そしてマイクロソフト社も Office 2007 では「PDF」形式でファイルを発行できる拡張機能を追加できる「アドイン」を公開しています。

◆ 2007 Microsoft Office プログラム用
  Microsoft PDF/XPS 保存アドイン

 http://www.724685.com/maga/jump/080123/

Office 2007 を利用中で「PDF」形式でファイル作成できれば便利だと感じる方は、この無料「アドイン」を導入してみるといいでしょう。

追記(2013/3/19)

後継の Office2010、Office2013 では、アドインを導入する必要はなく、最初から PDF での出力が可能となっています。

 
◆◇◆

この「アドイン」の導入手順を「PC とーく」でも図解入りで紹介しているので、そちらも参考にしてみてください。

◆ Office 2007 でファイルを PDF 形式で保存するには?
 
(PC とーく)
http://support.microsoft.com/kb/942829/ja

「アドイン」導入後に「PDF」形式で保存(発行)するのは簡単です。「Officeボタン」メニューより「名前をつけて保存」から「PDF または XPS」を選択すればいいだけです。

 

それにしても、どうせ一般公開するなら「アドイン」で追加なんて面倒なことはしないで、最初から Office 2007 の正式機能に「PDF」形式のファイル発行機能を付けておけばいいのに、と誰もが感じるはずです。

背景としては当初、マイクロソフト社は Office 2007 で「PDF」形式を標準サポートする予定だったのに、「PDF」形式を開発したアドビ社がその編集ツールを有力な商品としていることもあり、反発もあったようです。

 

確かに他社が開発した便利な機能を取り込んで、マイクロソフト社の独占状態が強化される心配も分かりますが、それにしても「アドイン」で一般に無料公開するのであれば同じことでしょう。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコントラブルQ&A」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

パソコントラブルQ&A
過去の「Q&A」
(667 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細

ブログパーツ

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...