エクセル(Excel)、ワード(Word)にパスワードを設定

質問エクセルでお金の管理や住所録など大切な情報を保存しています。パスワードで保護できますか? 

回答マイクロソフト社のエクセルやワードなどは、作成したファイルにパスワードを設定できます。

追記(2014/10/20)

Office2007 以降に採用された「リボン」を使ったエクセル、ワードのパスワード設定方法を別途、紹介しました。

参考にしてみてください。

 

パソコンを自宅で、自分用にだけ使っている場合は気にしないかもしれませんが、家族でパソコンの共有したり、情報をメールに添付して交換する人は「エクセルのファイルにパスワードを設定して、誰でもは開けないようにしたい」場合もあるのではないでしょうか。

また最近ではノートパソコンが普及し、持ち運ぶ方もいらっしゃいます。もし自宅に据え置きとしても盗難などの危険性は増えています。そこで今回はマイクロソフト社のエクセルで、作成したファイルを開くときにパスワードが必要となる設定方法をご紹介しましょう。

 

【パスワード設定の仕方】(Excel2000の場合)

  1. パスワードで守りたいエクセルファイルを開き、ツールバーから [ファイル] - [名前を付けて保存...] を選択します。すると 「ファイル名をつけて保存」の画面が現れます。

      

  2. 「ファイル名をつけて保存」の画面 にあるメニューバーの右端に 「ツール」 という名前のボタンがあります。その「ツール」ボタンをプッシュし、プルダウンした中から 「全般オプション...」を選択します。
      

      

  3. 「保護オプション」画面が現れますので、その中の項目で「読み取りパスワード」を設定・保存をすれば、ファイルを開くときにパスワードが必要になります。
      

参 考:
ワードも、ほぼ同様の手順でパスワード設定できます。
 大切な書類はパスワードで保護してもいいでしょう。

注意:くれぐれもパスワードを忘れないように!忘れたら自分自身も開けなくなります。その覚悟が必要です。

 

【パスワードの安全性】

実際、Excel や Word のパスワードを解析するソフトも存在するので、このパスワードで100%安心ではありません。しかし無防備なファイルで保存するよりは、数段安全です。

 

それ以上に、いかにも大切な書類とわかるようなファイル名や他人が見たくなるような名前をつけないことが先決でしょう。

例)「へそくり帳」「密会日記」「重要顧客住所録」など

普通、これほど分かりやすい名前を付ける人はいないと思いますが...

 

それからファイルが見つかった時に「なぜわざわざパスワードがかかっているの?」とヤブヘビになる場合もありますので、ファイル名とともにファイルの保存場所にも気をつけましょう。

 
◆◇◆

最近のパソコンでは、家族ごとにボタン一発で使用画面が切り替わり、もちろんパスワードが分からなければ、他の家族の画面には入れず、その人のファイルは覗けないようになっています。

  
まあ、とにかくパスワードの管理だけはしっかりしないといけません。単純な名前だけ、ペットの名前、生年月日、などは避けたほうが無難といえるでしょう。自分の情報は自分で守る時代、かもしれませんね。

◆ パソコンで使用するパスワードの決め方
http://121ware.com/qasearch/1007/app/answerinfo_main.jsp?006986

  
少なくともポストイットにパスワードを書いて、いつでも見られるようディスプレイの端に貼っておく、というのは、いくら自宅のパソコンの場合でも避けたほうがいいですね。パスワードの意味がありません。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコントラブルQ&A」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

パソコントラブルQ&A
過去の「Q&A」
(667 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細

ブログパーツ

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...