Excel の「ピボットテーブル」とは

Excel の「ピボットテーブル」とは、すでに表に入力されたデータを集計するために挿入されるテーブル(集計機能を持った表)機能で、項目(フィールド)ごとにデータを分類し、集計や分析ができます。

具体的な表がないと理解しにくいのですが、Excel のテンプレートの中に「ピボットテーブル入門」というファイルがあるので、知りたい人はファイルを開いて、簡単なので実際にやってみるといいでしょう。

wd231220-01.png

 

実際に Excel を使っての実例を見て試すことができるので、どんな機能かは「ピボットテーブル入門」だけで基本部分は理解できると思います。

wd231220-02.png

例では「日付」「購入者」「種類」「金額」といった項目がある表を選択して

wd231220-03.png

「ピボットテーブル」の挿入を開始します。

wd231220-07.png

画面右に現れた「ピボットテーブルのフィールド」で「金額」を「値」、「購入者」を「行」に選択すれば

wd231220-06.png

「購入者」別の「金額」が分かる「ピボットテーブル」ができます。

wd231220-04.png

「ピボットテーブル」のメニューから集計する「購入者」を選んだり、「金額」で並べ替えたり、フィルターをかけたりも簡単にできます。

wd231220-08.png

もちろん実際の業務では、より多くのデータと多くの項目を使って、もっと複雑な分類、並び替え、選別などに利用されています。

 

ちなみに「ピボット(Pivot)」には「旋回軸で回転する」といった意味があり、バスケットボールではボールを持ったプレーヤーが片足を軸足として固定し、もう片方の足を動かすステップのことですね。

Excel でも各種項目を軸として、データを動かして集計できる表機能ということで「ピボットテーブル」と呼んでいるのでしょう。

記事の情報は公開時あるいは更新時のもので、最新情報はリンク先など情報元の公式ページでご確認ください。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「エクセル(Excel)」の用語解説

 

同じカテゴリー「エクセル(Excel)」のQ&A

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (722 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。