Excel で日付から曜日を自動表示させる書式設定と関数

質問Excel で入力した日付に自動で曜日を表示することはできますか?

回答「セルの書式設定」で設定するか「TEXT関数」を使えば可能です。

15年前に Excel で日付から曜日を自動表示させる記事を書きました。

当時は「TEXT関数」を使った方法を紹介しましたが「セルの書式設定」を使っても可能なので、今回はそのやり方も追加で紹介します。

たとえば「A1」セルに「2023/10/1」と入力したときに、自動的に   

2023/10/1 日

と曜日も追加で表示される設定にする手順は以下の通りです。

  1. 日付に曜日を付加したいセルを選択
  2. 選択したセルを右クリックして現れたメニューで「セルの書式設定」を選択
    qa230920-01.png
    ※「Ctrl + 1」でも「セルの書式設定」を呼び出せます。
     
  3. 「セルの書式設定」の「表示形式」タブ画面で「分類」から「ユーザー設定」を選択
    qa230920-02.png
     
  4. 「種類」に「yyyy/m/d aaa」と入力して「OK」ボタンを押す
    qa230920-03.png

これで設定したセルに「2023/10/1」と入力すると「2023/10/1 日」と表示され、ほかの日付に入力変更すると自動表示される曜日も変わります。

qa230920-04.png

 

このとき「種類」に入力した「aaa」部分を変えると曜日の形式を以下のように変更できます。

aaa  → 月、火、水...
aaaa  → 月曜日、火曜日、水曜日...
(aaa) → (月)、(火)、(水)...
ddd  → Mon、Tue、Wed...
dddd  → Monday、Tuesday、Wednesday...

セルに日付を入力した状態で「セルの書式設定」の「表示形式」画面で分類を「ユーザー定義」にて「種類」を編集すると「サンプル」でどういう曜日形式になるか確認しながら作業できます。

qa230920-05.png qa230920-12.png qa230920-06.png

ただしこの「セルの書式設定」を使った方法では日付を入力した同じセルに曜日が付加されることになります。

qa230920-07.png

もし曜日の表示は別のセルにしたい場合は「TEXT関数」を使います。


◆◇◆

たとえば「A1」に「2023/10/1」と入力したときに右隣りの「B1」に曜日を表示したいなら「B1」に「TEXT関数」で

=TEXT(A1,"aaa")

と入力すると「日」と表示されます。

qa230920-09.png

この場合も同様に「A1」に入力した日付を変更すれば、それに対応した曜日が「B1」に表示されます。

qa230920-10.png

そして「TEXT関数」でも "aaa" の部分を先ほどの「セルの書式設定」で紹介した「種類」と同様に変えると曜日の形式を変えられます。

qa230920-11.png

「TEXT関数」については詳しく用語解説しました。

理解を深めるヒントになれば幸いです。

 

理解を深めるための「パソコン用語解説

記事の情報は公開時あるいは更新時のもので、最新情報はリンク先など情報元の公式ページでご確認ください。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコントラブルQ&A」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「エクセル(Excel)」のQ&A

 

同じカテゴリー「エクセル(Excel)」の用語解説

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

年別Q&A (1142 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。