Windows キーの利便性を強化する「Shortcut Guide」とは

Shortcut Guide」とは Windows 機能強化プログラム「Microsoft PowerToys」のひとつで、Windows キーを使ったショートカットキー一覧やタスクバーのショートカットを表示するユーティリティです。

「Microsoft PowerToys」については以下を参考にしてください。

その中から今回は「Shortcut Guide(ショートカットガイド)」をご紹介。

基本的には専用ショートカットキーが用意されています。

Windows + Shift + /

wd220601-02.png

 

このショートカットキーで「Windowsキー」と組み合わせて使う各種ショートカットキーの一覧が、白い背景が画面いっぱいに広がった状態で表示されます。

wd220601-03.png

 

「Shortcut Guide」を表示する(アクティブ化する)方法は選択でき、専用ショートカットキー以外に「Windowsキー を押したままにする」に変更できます。

wd220601-04.png

もちろん専用ショートカットキーも変更可能です。

 

「Windowsキーを押したまま」で表示するに設定した場合、「表示される前に長押しする時間」を調整できます。

wd220601-05.png

初期設定(900ms)では遅く感じますし、短すぎるのも逆に使いづらいのでお好みで調整します。

 

現在のところ「Shortcut Guide」の一覧は「矢印キー」以外は英語で書かれているため、パッと見で少し分かりにくいのが残念です。

wd220601-06.png

 

あと画面の下(タスクバーの上)には、タスクバーに並んだボタンに合わせるように「1」から始まる数字が表示されています。

wd220601-07.png

これは「Windows + 数字」という組み合わせによるショートカットキーです。

「Windowsキーを押したまま」で表示する設定の場合、押したままの状態で数字キーを追加で押せば実行できるので便利です。

 

Windows 11 からタスクバーのボタンが「中央揃え」となり、どのボタンがどの数字に対応しているか分かりにくいので「Shortcut Guide」の表示は参考になります。

ただし

  • キーボード上部の数字キーだけで、テンキーの数字は使えない
  • メインのモニター以外のタスクバーには表示されない

といったところは改良していただきたいです。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「ウインドウズ操作」の記事

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (640 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。