複数の PC をつなぐ「境界線のないマウス」とは

境界線のないマウス」とは、Windows 機能強化アプリ「Microsoft PowerToys」のツールで、「PowerToys」を導入&起動後に機能を有効にした複数のパソコンをつなぎ、マウスとキーボードを共用できます。

wd230705-02.png

「Microsoft PowerToys」については以下も参考にしてください。

その「PowerToys」機能のひとつが「境界線のないマウス」です。「Microsoft Learn」サイトの説明ページでは「Mouse without Borders」の自動翻訳がおかしく「罫線のないマウス」になっています

ですが「PowerToys」設定画面では「境界線のないマウス」です。

 

マウスとキーボードを共用したいパソコンすべてに「PowerToys」をインストールして、起動後に「PowerToys の設定」画面で「境界線のないマウス」を選択して「アクティブ化」項目を「オン」にします。

wd230712-11.png

※すべてのパソコンが「家庭内LAN」でつながっているのが前提です。

 

その上で、どれか 1台のパソコンで「境界線のないマウス」設定画面の「暗号化キー」項目にある「新しいキー」ボタンを押し、現れた「セキュリティキー」と「このデバイスのホスト名」をコピーします。

wd230705-08.png

残りのパソコンでも「境界線のないマウス」設定画面を開き「暗号化キー」項目で「セキュリティキー」と「デバイス名」の入力ボックスに先ほどコピーしたものを貼り付けて「接続」ボタンを押します。

wd230712-10.png

 

これで「境界線のないマウス」設定画面の「デバイスのレイアウト」にそれぞれのデバイス名が表示されるので接続完了です。

wd230712-12.png

 

「境界線のないマウス」設定画面でさらに細かい設定ができます。

wd230705-06.png

ですが、まずは複数台のパソコン(最大 4台)でマウスとキーボードの共用ができるようになったのを確認してみましょう。

どれかひとつのマウス操作で、マウスポインターを境界線を通過して複数のパソコン間を移動させることができ、ひとつのキーボード操作で複数のパソコンをまたいで入力や「コピペ」操作などができます。

 

以前から「複数台のパソコンを一組のキーボードとマウスで操作」できるアプリはあり、「Sチェンジャー」を紹介したこともあります。

それでも「PowerToys」は Microsoft が公式に提供しているアプリで、より安心して導入できるので動作を検証して取り上げました。

記事の情報は公開時あるいは更新時のもので、最新情報はリンク先など情報元の公式ページでご確認ください。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「PowerToys」の用語解説

 

同じカテゴリー「PowerToys」のQ&A

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (743 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。