エクセル(Excel)で「リボンの最小化」による表示/非表示

質問エクセルで作業中にリボンがスペースを取るので邪魔です。

回答使っていないときは「リボンの最小化」で非表示にして隠しておきましょう。

「Microsoft Office 2007」から導入された「リボン」という操作用のツールですが、さすがに4年以上が経過してかなり浸透してきました。

Office 2007 のリボンを解説 - パソコントラブルQ&A

使い慣れてくれば、どのタブに何のコマンドがあるかも分かってきます。そうなればリボンのほうがコマンドを見つけやすく、大きさもクリックしやすいから使いやすくなったと感じている人も少なくないでしょう。


それでもリボンを表示させておくのは画面の上部にかなりのスペースが必要です。特にワイド画面のノートパソコンでは画面の縦方向が狭くて大きな表を扱うときなどは邪魔に感じることがあります。

そんなときは、使わないときはタブの部分だけ残して、その下の帯状の部分は表示させない「リボンの最小化」を使うといいでしょう。最小化していても、タブをクリックすれば全体が表示されるので大丈夫です。

※ リボンを非表示にすれば縦に「5行」分、セル表示が広がります。

 
「リボンの最小化」の操作は簡単で、リボンの適当な場所を右クリックして表示されたメニューから「リボンの最小化」を選択します。同様に再度、メニューから「リボンの最小化」を選択すれば元に戻せます。

 

「リボンの最小化」の切り替えはショートカットキーもあります。

 

     [Ctrl] + 「F1」

「リボンの最小化」と、そのショートカットキーはエクセルだけでなくワードやパワーポイントでも共通に使えるので覚えておくと便利です。


◆◇◆

エクセルでさらに表を画面いっぱいに広げたい場合は「全画面表示」も使えます。

 

リボンの「表示」タブ画面で左の「ブックの表示」グループの中に「全画面表示」というコマンドボタンがあります。

※ 「全画面表示」のコマンドは「クイック アクセス ツール バー」に
  追加できるので、使いそうなら設定しておくといいでしょう。

  

  コマンドボタンを右クリックしたメニューから追加できます。

    

 

残念ながら「全画面表示」にするショートカットキーはないようですが、「全画面表示」にした画面を元に戻すには「Esc」キーを押すだけです。あるいはタイトルバーをダブルクリックしても解除できます。

 

理解を深めるための「パソコン用語解説

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコントラブルQ&A」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

年別Q&A (978 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。