電子メールで「BCC(ビーシーシー)」とは?

「CC」=同報とすれば「BCC」とは何でしょう?これは Blind Carbon Copy の略で、読み方は「ビーシーシー」です。

すでに「CC」は解説しています。

◆ 電子メールで「CC(シーシー)」の意味と使い方

そして「BCC」は、その「CC」を「Blind(=見えなくする)」にする、つまり『こっそり同報』ということです。

 

通常はメールを送信するとき「宛先(To)」および「CC(同報)」の受信者は、全員お互いのアドレスを知ることになります。

でも「BCC」なら「宛先(To)」および「CC(同報)」の受信者には気づかれずに、同じメールを「こっそり」同報送信できるカラクリなのです。

 

では、実際にはどんな場合で使えるかというと、例えば告知メールを複数名の知り合いに送りたいとき、もし「宛先(To)」にアドレスを列記すると、受け取った全員がお互いのアドレスを知ることになります。

でも、知り合い同士が相互に知り合いかといえばそうではありません。アドレスを知られたくない相手が混ざっていることもあるわけです。

そんなときに「BCC」に送信したい知り合いのアドレスを列記すれば全員にメールは届く一方、受け取った人は他に誰が受け取っているか知らずに済むし、自分のアドレスも知られないで済むわけです。

 

ただし「BCC」で受け取ったメールの「宛先」には自分のアドレスが表示されていないので、「BCC」を知らない人が受け取った場合、不審に感じるかもしれません。

そのため「BCC」を使う場合は、それを受け取っても不審に思わない人だけにしましょう。

◆ Outlook Express で「Bcc」を使う注意点

 

たとえば自宅と職場など複数台のパソコンを使っているとき、送信メールのBCC に自分のアドレスを入れておいて、それぞれのパソコンですべての送信メールを受信保存するといった活用法もあります。

 

通常、電子メールソフトの OutlookExpress の『メッセージの作成』ウインドウには「BCC」の欄は表示されていません。メニューバーから「表示」「すべてのヘッダー」を選択すれば現れます。

ビジネスで大切なメールを証拠のために、こっそり別の人にも送っておきたいときに使えないこともありませんが、もし相手が「BCC」を理解していないとメールに返信して「こっそり送ったことをばらしてしまう」こともあるのでお薦めしません。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。