Outlook で受信メールを「削除済みアイテム」に残さず削除

質問「Outlook」で受信したメールで「削除済みアイテム」に残さずにその場で完全に削除できますか?

回答「Shift」キーを押しながら削除操作をおこなうことで可能です。

「Outlook」で受信したメールを削除するには以下の操作があります。
※ 検証は Windows 10 + Outlook 2016 で実施。

  1. 「受信トレイ」一覧で削除したいメールにマウスポインターを合わせると右端に現れる「x」マークをクリック

     
  2. 「受信トレイ」一覧から削除したいメールをクリックしたり、矢印キーにより選択したあとキーボードの「Delete」キーを押す
    ※ [Ctrl]+「D」のショートカットキーでも削除できます。
     
  3. 「2」と同様に削除したいメールを選択したあと「ホーム」タブのリボンにある「削除」ボタンをクリック

3つの違いは「1」の方法なら「プレビュー」表示をしないでも削除できるため、迷惑メールの内容を表示させることなく削除ができます。

 

とはいえ上記の方法だと、いずれも削除したあと「削除済みアイテム」に保存されてしまいます。間違って必要なメールまで削除するのを防ぐためかもしれませんが、保存せずにその場で削除したいときもあります。

 

そんなときは「Shift」キーを使います。先述の方法を参考に

  1. 「Shift」キーを押しながら「x」マークをクリック
  2. 「Shift」キーを押しながら「Delete」キーを押す
  3. 「Shift」キーを押しながら「削除」ボタンをクリック

という操作で「削除済みアイテム」に残さずに削除できます。

 
◆◇◆

ただし初期設定では「Shift」キーを押しながら「削除」操作をすると、削除前に

これは完全に削除され、元に戻せません。よろしいですか?

という「確認メッセージ」が表示されます。

 

この「確認メッセージ」の表示を解除する手順は以下の通り。

  1. Outlook の「ファイル」タブを選択し、開いた画面の左メニューから「オプション」を選択

     
  2. 開いた「オプション」画面の左メニューから「詳細設定」を選択
     
  3. 「詳細設定」画面の「その他」項目で
    削除前に確認メッセージを表示する
    のチェックを外して「OK」ボタンをクリック

この設定後に「Shift」キーを押しながら「削除」操作すれば、削除前の「確認メッセージ」は表示されず、その場で完全に削除できます。

 

逆に言えば、間違って必要なメールを削除しても元に戻せなくなるので、それが心配なら「確認メッセージ」は表示する設定のままにしましょう。

 

理解を深めるための「パソコン用語解説

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコントラブルQ&A」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

年別Q&A (978 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。