電子メールで「CC(シーシー)」とは?意味と使い方

通常、電子メールの送信メール作成画面には「宛先(To)」の下に「CC(シーシー)」の欄があり、メールの『同報』を意味します。

もともと「CC」とは Carbon Copy (カーボンコピー=カーボン紙による複写)の略です。

カーボン紙を二枚の紙の間に挟み、上の紙にペンで文字を書くと、挟んだカーボン紙によって下の紙にその文字が転写できます。

簡単に書類全体をコピーできる時代となり、カーボン紙はほとんど使われることはなくなりましたが「CC」 という言葉はその名残です。

 

かつて「タイプライター」を使って取引や証明の文書などを作成するとき、第三者に内容証明としてその写しを渡すためにカーボン紙を使ったコピーが行なわれていました。

その場合、文書の末尾に「CC:○○」と打ち込むことで『このコピーをとり、○○さんに渡しますよ!』とコピーを取って渡していることを明確にしていたわけです。

 

そこで電子メールでも、もちろんカーボン紙など使いませんが、

直接メールを送りたい相手を「宛先(To)」欄

そのコピーを参考までに送りたい相手は「CC」欄

にそれぞれのメールアドレスを入れることに決めたわけです。

 

初心者の方で「CC」の意味が分からず、「宛先(To)」と合わせて同時に2箇所しかメールは送れない、と思っている方もいらっしゃいました。

複数のメールアドレスに送信したい場合は、「宛先(To)」にしても、「CC」にしても、メールアドレスを半角のカンマ (,) またはセミコロン (;) で区切って並べればOKですね。

例) CC: joushi@tousya.co.jp, buka@tousya.co.jp

 

ビジネスで多くの電子メールが届く人の中には、最初から「CC」宛てで届いたメールは直接、自分宛ではないので飛ばす、という人もいます。「To」との使い分けに気をつけましょう。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。