「オプトイン・メール」と「迷惑メール」の違いと境目とは

利用者にあらかじめ受け取り許可をもらってから送信されるメールが「オプトイン・メール」です。

ショッピングサイトや情報提供サイトに登録すると、必ず「今後、関連情報をメールで送信しますが、よろしいでしょうか?」といった記載があり、そこで許可するとメールが届きはじめます。

こういった利用者にあらかじめ受け取り許可をもらってから送信されるメールが「オプトイン・メール」です。

 

「オプト(opt)」には「選択する」という意味があり、「オプトイン・メール(opt-in mail)」とは利用者が「選択」したメールを送信するといった意味になります。

とても幅広いジャンルの情報を提供するサービスでは、送信されるメールの内容を利用者が「選択」できるので、これを「オプトイン・メール」と呼ぶ場合もあります。

 

どちらにしろ基本的には

本人が承諾したので「オプトイン・メール」は「迷惑メール」ではない

ことになっています。

 

しかし、徐々に期待していた内容とは変わってきたり、送信頻度が勝手に増え、利用者側にとって「迷惑」に感じられる場合もあります。

それでも、きちんとした会社や団体の「オプトイン・メール」には、毎回、メールの中に「解除方法」が明記されているはずなので、そういったポイントでも「迷惑メール」とは区別できるでしょう。

迷惑メールを受け取ったら
 (日本インターネットプロバイダー協会) 

 

追記(2012/1/27)

最近では、最初に入力したメールアドレスに確認メールが届き、そのメールに記載された確認アドレスをクリックしなければ登録完了にならないという「ダブルオプトイン」の手続きが増えています。

入力したメールアドレスを受け取れるのは本人だけということで本人確認ができ、さらに入力したメールアドレスできちんと届くかも確認できるので確実な登録には有効な手段です。

 

「迷惑メール」は本当に困った問題ですが、一方では便利で有益な楽しいメールサービスもたくさんあります。各自が、しっかりしたサービスかどうか見極める目を養うことが大切です。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。