「Shift(シフト)」キーとは

Shift(シフト)」キーとは、キーボードで「Shift」と印字されているキーで、「Shift」キーを押しながらアルファベット入力のキーを押すと大文字が入力できるなど、他のキーとの組み合わせで使います。

 

キーボードで数字や記号などが上下に印字されたキーを押すと、下の数字や記号が入力され、「Shift」キーを押しながらでは上の記号が入力されます。

たとえば Shift + 1 で「 ! 」、Shit + 2 で「 ” 」が入力できます。

 

通常、「Shift」キーはキーボードのアルファベット入力キーを挟む左右に配置され、左右どちらの手でも効率よく押さえられる位置です。

小型のキーボードでは左だけの場合もあります。

 

「Shift」キーは「ショートカットキー」にも利用されますが、上述のアルファベット、数字、記号以外のキーとの組み合わせになります。

  • Shift + スペース :ブラウザーで1画面分上にスクロール
  • Shift + Tab :「Tab」キーによるフォーカスの移動を逆方向に
  • Shift + Del :選択したアイテムをごみ箱に移動せず完全に削除

 

また「Ctrl(コントロール)」や「Alt(オルト)」などの特殊キーと一緒に 3つ以上のキーの組み合わせで使われることもあります。

  • Ctrl + Shift + N :新しいフォルダーを作成する
  • Ctrl + Shift + Esc :タスク マネージャーを開く
  • Alt + Shift + = :Excel で「オートSUM」関数を挿入

 

ほかにも「Shift」キーを押しながらブラウザーの画面上でリンクをクリックすると別ウインドウで開く、など便利な使い方もあるので「これは便利!」と感じたときに、ひとつずつ覚えていくといいでしょう。

 

関連用語

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。