Microsoft IME で変換候補が多いなら横に広げてから選択

質問Microsoft IME で日本語変換中に、たとえば人の名前の漢字を探すときなど、変換候補の数が多すぎて見つけるのが大変です。

回答多くの候補が表示されたら「Tab」キーで一覧を横に拡げてみましょう。

人の名前などで同じ読み方で多くの変換候補があると、最初から順に探すには時間がかかることがあります。たとえば「あつし」を変換すると 100 を越える候補があります。

それを「スペース」キーや「矢印」キーでスクロールしながら確認するのは面倒ですし、見つかるかどうかも表示してみないと分かりません。

 

もちろん、運よくすぐに見つかることもありますが、少しスクロールしても見つからないときは、候補が表示された状態で「Tab」キーを押してみてください。

 

すると縦に 9 個並んでいた変換候補が右側に広がって、最大で 90 個 まで表示されるようになります。

この一覧なら候補の中に該当する漢字があれば、比較的、簡単に見つけることができます。

 

一覧の上で候補を選択するときには横向きの「矢印」キーも使えるので、後半にある候補でもすぐに選択できるし、マウスポインターを動かして候補を直接クリックしても選択できます。

 
◆◇◆

この「Tab」キーと同じことが、変換候補が縦長に表示された右一番下の「>>」というボタンをクリックしても実行することができます。

でも「Tab」キーのほうが断然、効率がいいです。

覚えていなければ仕方ないので「>>」ボタンもありですが、一度でも変換候補が多いのは面倒だと感じた経験があれば「Tab」キーが使えると覚えておきましょう。

 

理解を深めるための「パソコン用語解説

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコントラブルQ&A」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

年別Q&A (924 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。