キーボード右側の「Shift」キーのほうが便利な操作もある

質問「Shift」キーを押しながらの複数のキー操作がやりにくいです。

回答キーボードの右側にある「Shift」キーも使ってみましょう。

多くのアプリで「Tab」キーを押すと選択項目を次に移動する機能が割り当てられ、行き過ぎたときには「Shift」キーを押しながら「Tab」キーを押すことで逆に移動できる場合があると紹介しました。

この操作を紹介したときに

『「Shift」を押しながら「Tab」キーを同時に押すのはやりにくい』

というご意見がありました。

 

そう感じるのは、どんな場合でもキーボードの左にある「Shift」キーを使っていて、右の「Shift」キーを使っていないのかもしれません。

※小型キーボードでは右に「Shift」キーがない可能性もありますが通常はノートパソコンでも「Shift」キーは左右にあります。

 

「Tab」キーはキーボードの左にあるので、どうしても左手で操作する必要がありますが、「Shift」キーは左右どちらでも効果は同じです。

そのため、たとえば左手で「Tab」キーを押して選択を切り替えているときに、逆方向に操作したくなったら右手で「Shift」キーを追加して押せばいいわけです。慣れてしまえば場所に迷うこともないでしょう。

 

特に 2番目に紹介したウインドウの選択を切り替える操作で

  • 「Alt」キーを押したまま「Shift」キーを追加で押し、その状態で「Tab」キーを押すと選択が前の選択に戻る

     

という操作では右手で右の「Shift」キーを押すのが自然です。

 
◆◇◆

ほかにも私がよく使うのは

  • 「スペース」キーを押してブラウザーを下に1画面分スクロールする

という操作ですが、これを左手の親指で「スペース」キーをポンポンと押すことでスクロール操作しています。

 

そして、もし「行き過ぎた!」ときには右手で「Shift」キーを追加で押しながら「スペース」キーを左手の親指で押して逆方向(上方向)にスクロールさせることができるわけです。

もちろん自分が押しやすいキーを選べばいいわけですが「Shift」キーは右にもあるので、必要に応じて使いこなしたいところです。

 

理解を深めるための「パソコン用語解説

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコントラブルQ&A」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

年別Q&A (925 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。