マウスの設定で「クリックロック」とは

クリックロック」とは『マウスの左ボタンをしばらく押したままにすると、ボタンを放しても押している状態が続く』設定で、ボタンを放したあとでもドラッグ操作ができ、最後にクリックで完了できます。

wd220824-01.png

たとえばドラッグ操作が苦手、言い換えると左ボタンを押したままでマウスを動かすという操作が得意ではない人のための設定といえます。

逆にドラッグ操作をまったく苦にしない人は、この設定にすることでドラッグ操作がやりにくくなる場合があるので注意が必要です。

設定は「マウスのプロパティ」画面で行います。Windows 11 の場合、「設定」-「Bluetooth とデバイス」-「マウス」で設定画面を開きます。

wd220824-02.png

設定画面の「マウスの追加設定」をクリックすると設定画面が開きます。

wd220824-03.png

※「コントロールパネル」の「マウス」でも同じ画面が開きます。

wd220824-04.png

 

「マウスのプロパティ」画面の「ボタン」タブに「クリックロック」の項目があり「クリックロックをオンにする」のチェックボックスにチェックを入れ「適用」か「OK」すれば機能がオンになります。

wd220824-05.png

ボタンを押して「クリックロック」状態になる(認識される)までの時間は「設定...」ボタンで開く「クリックロックの設定」画面上のバーで「短く」から「長く」までの間で調整できます。

wd220824-06.png

「長く」設定しておけば、1~2秒で簡単なドラッグ操作をする間は「クリックロック」がかからす、必要な時だけ数秒間、押したままにしてからボタンを放せば「クリックロック」を利用できます。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

同じカテゴリー「文字入力とマウス」の記事

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (652 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。