ページ内検索のショートカットキー [Ctrl]+「F」 とは

多くのソフトウエアで、開いているページ内のキーワード検索をするショートカットキーは [Ctrl] キーを押しながら、同時に「F」キーを押す という [Ctrl]+「F」 が採用されています。

たとえば以下の代表的なソフトウエアで利用できます。

メモ帳、ワード、エクセル、パワーポイント、Windows Live メール、Internet Explorer、Google Chrome、Firefox...

 

ほかにも、自分が使っているソフトウエアで [Ctrl]+「F」 が使えないか試してみるといいでしょう。

[Ctrl]+「F」 の 「F」 は 「Find(見つける)」 という動詞の頭文字を使い、操作と関係づけているために覚えやすくなっています。

 

同様に多くのソフトウエアで

共通する操作のショートカットキーには、その操作を意味する単語の頭文字が使われていることが多い

ので、関連付けて覚えることができます。

 

「ショートカットキー」が身につく覚え方

[Ctrl] +「S」 上書き保存(Save)

[Ctrl] +「C」 コピー(Copy)

[Ctrl] +「O」 ファイルやウインドウを開く(Open)

[Ctrl] +「N」 ファイルやウインドウの新規(New)作成

[Ctrl] +「A」 すべて(All)を選択

[Ctrl] +「F」 検索(Find)

[Ctrl] +「P」 印刷(Print)

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。