「通知領域」とは?「タスクトレイ」との違いは?

通知領域」とは、ウインドウズのデスクトップ画面下に表示される「タスクバー」の右端にあり、各種アイコンが並んでいる領域です。

表示されているアイコンの多くは、音量や電源、ネットワークなど、現在、起動中のプログラムや各種機能の状態を表示していたり、設定や表示を簡単に切り替えることができるツールの役割を持っています。

 

音量や電源など、常に表示されていたほうが便利なアイコンや更新時に表示される「Windows Update」をはじめ、何かあったときだけ表示されるアイコンもあり、その表示はアイコンごとに設定も可能です。

通知領域(タスクトレイ)に増えたアイコンの表示を消す

 

そんな「通知アイコン」が表示される場所だから「通知領域」という名前ですが、Windows XP より前は「タスクトレイ」と呼ばれており、いまだに、そちらを覚えて使っている人がいます。

つまり「通知領域」と「タスクトレイ」は同じ意味です。

 

その一方で「通知アイコン」は「インジケーター」と表記されることもあるため、マイクロソフトには統一をお願いしたいところです。

 

以前は「タスクトレイ」に表示されるアイコンが多すぎると、起動中のプログラムが多く、メモリーが消費されてシステムが不安定になるといった判断基準もありました。

それが現在の「通知領域」では、アイコンが自動で隠れたり、非表示の設定もできるので見ただけでは分からなくなりました。

 

もちろん、いまでもパソコンに搭載しているメモリーが少ないと感じる場合は、なるだけ使わないプログラムはアンインストールしたり、パソコンを起動するときには一緒に起動しないようにしたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。