エクセル(Excel)の「ドロップダウンリスト」とは

エクセルで入力作業をするとき、設定された複数の候補がリスト表示され、その中から選択すれば入力できる「ドロップダウンリスト」を使う、あるいは用意すると便利な場合があります。

エクセル(Excel)でドロップダウンリストを作成

エクセルでいう「ドロップダウンリスト」とは

セルの下に入力候補の項目を一覧表示させ、その中から選択して入力できるリストのことで、データ入力の支援ツールのひとつ

です。こんな入力操作をしたことがあると思います。

これがドロップダウンリストです。

 

導入の目的は

・入力の候補を提示したい
・入力の選択肢を制限したい
・統一した書式で入力させたい
・入力ミスをなくしたい
・入力作業を楽にしたい

などです。

 

「ドロップダウンリスト」のメリットのひとつは、リストが通常は表示されておらず、必要な時だけ表示させることができるので、場所を取らないということがあります。

  →  

一方、表示させるまではどんな候補があるのか分からないとので、入力者が楽なのはどちらか想定して導入を決めるといいでしょう。

 

この「ドロップダウンリスト」を「プルダウンメニュー」と紹介をしている解説もありますが、エクセルのデータ入力の支援ツールは「ドロップダウンリスト」が正しい用語となります。

セル範囲を指定してドロップダウン リストを作成する
  - Excel - Office.com

 

しかし、クリックすると引き出されるようにメニューが表示されるという意味の「プルダウンメニュー」という用語のほうがサイトの入力ツールとしては一般的です。

そのため「ドロップダウンリスト」を「プルダウンメニュー」と呼んだとしても、目くじらを立てることはなく、何を指しているのか伝わればいいのではないかと思っています。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。