「Tab」キー操作による移動を「Shift」キーで逆にするとは

多くのアプリで「Tab」キーには押すと選択項目を次に移動する機能が割り当てられていますが、行き過ぎたときなどは「Shift」キーを押しながら「Tab」キーを押すことで逆に移動できる場合が多いです。

「Tab」キーをよく使う場面としては

  • ブラウザーで複数の入力項目があるフォームで「次の項目」に入力したいとき

があり、マウスでクリックして選択するよりも「Tab」キーで移動するほうがキーボードだけで作業できるので便利です。

そして、ひとつ前の項目を修正や入力し直したいときには

  • 「Shift」キーを押しながら「Tab」キーを押す

ことで選択項目を「ひとつ前」に移動する(戻す)ことができます。

 

ほかにも Windows のデスクトップで「Alt」キーを押しながら「Tab」キーを押すと、現在、開いているウインドウが一覧表示され、「Alt」キーを押したまま「Tab」キーを押すと選択が次に切り替わります。

このときも「Alt」キーを押したままで「Shift」キーを追加で押し、その状態で「Tab」キーを押すと選択が前の選択に戻ります。

 

このように

  • 「Tab」キーを使った操作で「行き過ぎた」場合は「Shift」キーを押しながら実行することで「引き返せる」場合が多い

ことを覚えておきましょう。

 

ほかにもエクセルの操作では「Tab」キーで右のセルに移動しますが、

  • 「Shift」キーを押しながらの「Tab」キーで左のセルに移動

します。

 

「Tab」キー以外でも「Shift」キーで逆方向に移動する操作はあって、たとえば

  • IME で日本語変換中に「スペース」キーを押すと下の候補が選択され、「Shift」キーを押しながらでは上の候補に移動

させることができます。

 

もちろんアプリによっては当てはまらないこともありますが、多くの場合、そういう逆方向に進む役を「Shift」キーに持たせていることが多いので「行き過ぎた」操作のときは試してみましょう。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (524 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。