2つの「タブ」とは?画面上の「Tab」と「Tab」キー

プロパティ画面などで、画面の端(多くは上部)に順序良く並んで、それを選択することで表示したい別画面に効率よく切り替えるために使われる「耳」のような操作部分を「タブ(tab)」といいます。

 

紙の書類でも枚数が多いと章ごとに分けて探しやすく、めくりやすく「耳」のような紙の出っ張りをつけますが、あれが「タブ」です。

 

最近では Internet Explorer などウェブブラウザでも開いたページを効率よく切り替えて表示できる「タブ」が使える「タブブラウザ(Tabbed Browser)」が主流となりました。

 

一方で、キーボードにも「Tab(タブ)」キーがあります。こちらは「Tabulator」の略で、先ほどの画面上の「タブ」とは別ものです。

 

「Tabulator」は、もともと手動タイプライターの「図表作成装置」のことで、「Tabulator」キーでタイプする位置を一定の幅、進めることができ、それで図表をタイプで打てたということです。

※ 残念ながら、私はタイプライターを使ったことがありません。

 

それが現在、パソコンに「Tab」キーとして名前が残り、ワードなど文章作成では文頭に一定のスペース(インデント)を挿入するために使われています。

さらに多くのアプリケーションでは

「Tab」キーを押すごとに選択項目を次々とジャンプする

ことができます。

 

ということで、呼び方は同じ「タブ」でも、操作するときに画面上で使う「タブ」と、操作で使われる「Tab」キーという「2つのタブ」があるので、混同しないで、そして上手に使っていきましょう。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。