「元に戻す」操作とショートカットキー「Ctrl + Z」とは

パソコンで「元に戻す」とは、直前に実行した操作を取り消す操作で、基本的には画面を右クリックして現れるメニューから「元に戻す」を選択するか、ショートカットキー「Ctrl + Z」を使って操作します。

すべての操作を「元に戻す」ことはできませんが、パソコンでは Windows やアプリの多くの操作に対して「元に戻す」ことが可能です。

wd211021-01.png

 

何かの操作をした直後に「やり直したい!」と思ったら試す価値は十分にあり、そのショートカットキーが「Ctrl + Z」なのです。

 

よくあるのが「削除」や「変更」「移動」してしまった後に、やはり取りやめにして元に戻したくなる場面です。たとえば

  • 「Excel」で必要な行なのに「削除」してしまった
    wd211021-02.png
  • 「Word」でフォントを「変更」したけど元のほうがよかった
  • 「PowerPoint」で必要なスライドを「削除」してしまった 
  • 必要なファイルを「削除(ごみ箱に移動)」してしまった
    wd211021-03.png

こういった場合は、すかさず「Ctrl + Z」を使えばいいのです。

 

特に「Excel」「Word」などのアプリは何段階もの操作を一段階ずつ、たどるように「元に戻す」ことが可能です。

wd211021-04.png

Office ソフトなら「クイック アクセス ツールバー」を使って一気に数段階前の操作に戻せる場合もあります。

ぜひ、使いこなしたい操作です。

 

それにしても英語で「元に戻す」は「Undo」なので、頭文字を使って「Ctrl + U」でもよさそうなものではあります。

でも、あえてここは「X」「C」「V」と同じ並びにあり、最も「Ctrl」キーと近いアルファベットキーである「Z」を使っているのです。

それは「切り取り(Ctrl + X)」「貼り付け(Ctrl + V)」との連動が多いからだと考えています。

たとえば以下のような「連続ワザ」もキーが近いので簡単です。

  • [Ctrl] +「X」 切りとって
       ↓
  • [Ctrl] +「V」 貼り付けて
       ↓
  • [Ctrl] +「Z」 結果が気に入らないから元に戻す

キーボードで「U」は左手から遠く、右手を使わないといけないですから。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (609 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。