「ファイル(file)」と「フォルダー(folder)」の意味と違いとは

ファイル(file)」という用語は微妙です。日本語で「ファイルする」というと「書類を綴じる」といった意味で使うためです。

このため「ファイル」は関連書類をたくさん綴じて一冊にまとめた『分厚いもの』をイメージしてしまいます。

キングファイル | キングジム

私などは「ファイル」といえば「キングファイル」を思い浮かべますが、これこそファイルというより、フォルダーですよね。

 

一方、「フォルダー(folder)」というのは「紙ばさみ」という意味で、これも書類を『はさんで』まとめるためのものです(fold=折りたたむ)。

パソコンの「フォルダー」アイコンを見れば、まさに、この紙フォルダーのイメージです。

こうなると、イメージだけだと「ファイル」と「フォルダー」との違いが、よく分からなくなります。

 

そこで「ファイル」と「フォルダー」を解説すると

 

☆ファイル = 一定の形式を持った書類

1枚だけだったり、複数ページ分あったりしても、基本的にはひとつのタイトルでまとめた一定の形式をもった書類のこと。

たとえばワープロソフトで数ページの報告書を作成したら、ひとつのタイトルでひとつのファイル、として保存するわけです。

 

☆フォルダ = 各種ファイルをまとめて整理・保存する入れ物

フォルダーは、いろんな種類のファイルを保存します。

形式は別々でも、あるテーマに沿って関連するファイルを放り込んでおけばいいのです。

たとえばワープロや表計算、デジカメの画像ファイルもフォルダーでひとつにまとめられます。

 

要するに

「ファイル」は書類(一定の形式をもつデータの集まり)であり、「フォルダー」は各種「ファイル」を整理・保存する「入れ物」

という関係です。

 

パソコンのシステムやプログラムは、数えきれないほどたくさんのファイルから成り立っており、これを分類せずに保存したのでは効率的に使えません。

さらに日々、増え続けるファイルを整理するために「入れ物(フォルダー)」が必要なのです。

 

パソコンはフォルダーでファイルを機能やテーマによって分け、データを使いやすく、探しやすく保存しているのです。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。