「アイコン(icon)」とは種類などを象徴する小さな絵

パソコンの画面(デスクトップ)には、いろいろなデザインの小さな「絵」が並んでいます(「マイコンピューター」「ごみ箱」など名前がその「絵」の下には表示されています)。この「絵」のことを「アイコン」と呼びます。

「アイコン」は「icon」というつづりであり、辞書的には「図像」と言う意味です。でも、それでは何のことかわからないので「あるものを象徴する小さな絵」という理解でよいと思います。

 

アイコンの役目は

絵柄を見ただけで、ファイルやプログラムの中身を判別でき、直感的にパソコンを操作しやすくする

ことです。

 

たとえば「ごみ箱」のアイコンは、まさに「ごみ箱」が描かれており、その「ごみ箱」のアイコンの上に、不要になったファイルをドラッグしてドロップすると、まるで不要なファイルが「ごみ箱」に吸い込まれるように消えて、削除できる状態になります。

 

面白いのは空の「ごみ箱」にファイルを捨てると、「ごみ箱」も空のアイコンからゴミが入っているアイコンに変化することです。

そして「ごみ箱」のファイルを削除するため「ごみ箱を空にする」を選ぶとアイコンはまた、空のアイコンに戻ります。

以前ほど、パッと見では分からなくなりました。

 

まあ、ここまで視覚的に楽しく工夫されているアイコンは「ごみ箱」だけですが、「アイコン」を「ドラッグ」してデスクトップ上を移動させたり、「ファイル」の「アイコン」を「ドラッグ&ドロップ」で「フォルダ」の「アイコン」の上に落とすことで、その「フォルダ」内に移動させることができることで、パソコンでのファイル管理はとても直感的にできると言えるでしょう。

 

もちろんファイルのアイコンをダブルクリックすれば、そのファイルに適したソフトウエアで開くことができますし、フォルダーのアイコンをダブルクリックすれば、フォルダが開いて、そのフォルダー内にあるファイルやさらに1階層下のフォルダーなどが現れます。

 

ワープロソフトの「ワード(Word)」のアイコンはワードの頭文字の「W」をデザイン化したもので、

その「ワード」で作成したファイルのアイコンは四角い書類(右端が少し折れて、いかにも書類のようにみせるデザイン)の上に、小さい「W」の絵を付けることで、視覚的に「これはワードで作成した書類だよ」と知らせてくれます。

 

このように「アイコン」というのは「ファイル」や「フォルダー」、そして「ソフトウエア」や「各種機能」を『象徴』するものである、ということです。

この「お約束」が理解できれば、ファイル操作もより直感的にできるようになるでしょう。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。