「IME(アイエムイー)」とは文字入力&変換ソフト

IME」は「Input Method Editor」の略であり、パソコンなどで多様な言語を効率よく使えるように、文字を変換したり、入力などを補助する文字処理ソフトウエアです。

特に日本語や中国語はたくさんの漢字を持っているため、効率の良い変換ができる「IME」はパソコンに欠かせないソフトとなっています。

※ このため「IME」を「漢字変換プログラム」と呼ぶこともあります。

 

マイクロソフト社が開発した日本語用の「IME」が「Microsoft IME」であり、各種日本語版 Windows OS に標準で装備されています。

一方で、マイクロソフト社のオフィスソフトに付属している IME が「Microsoft Office IME」であり、Windows 付属の「Microsoft IME」よりもオフィスソフトに対応した機能が追加されています。

◆ Microsoft Office IME 2010 | Microsoft Office 2010

 

オフィスを搭載した Windows マシンには通常、両方の IME がインストールされています。

その場合、一般的には「Microsoft Office IME」のほうが新しく、高機能なことが多いので、そちらを選択すればいいでしょう。

 

マイクロソフト社の IME 以外にも、日本語ワープロ「一太郎」で有名なジャストシステム社が提供する「ATOK(エイトック)」があります。

「ATOK」は変換効率や学習機能に優れていると利用者に評判です。

ATOK.com(日本語パワーアップサイト)
┗◇ ATOKとは   

「ATOK」は「Advanced Technology Of Kanakanji transfer」の略ですが、ジャストシステムの本社が「徳島」にあるため、「ATOK」は「阿波の徳島」の略だという噂を今でも覚えています。
http://www.justsystem.co.jp/just/map/tokushima.html

ワープロとしての「一太郎」は「Microsoft Word」に市場を奪われましたが、「IME」としての「ATOK」は根強い人気があります。

 

ほかにも Google(グーグル)や中国の百度(バイドゥ)がオリジナルの日本語IME を無料提供しています。

Google 日本語入力 http://www.google.co.jp/ime/

Baidu IME - 日本語入力 - http://ime.baidu.jp/type/

 

Google 日本語入力はネット上で使われている検索キーワードの最新情報を吸い上げているため、新語や流行語、人名などには強いです。

どの IME にも一長一短があり、「慣れ」の部分も大きいので、どれがいいかは人によりますが、マイクロソフト社以外にも選択肢があることで競争により IME が賢くなるのは大歓迎です。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。