「ファイルのパス」をコピー&記録して、あとでファイルを開く

質問パソコンの中に保存したファイルの「場所」をテキスト形式で簡単に記録する方法はありますか?

回答ファイルやフォルダーを選択して「パスのコピー」をする方法を紹介します。

「ファイルのパス」とは、保存した「ファイル」に辿り着くまでに経由するフォルダーの階層も分かる「保存場所の住所」のようなものです。

「ファイルのパス(path)」とは保存場所への道しるべ

 

この「ファイルのパス」ですが、Windows 7 以降では以下の方法で簡単にコピーできます。

  • パスを記録したいファイルを [Shift]キーを押しながら右クリック
  • 現れたメニューから「パスのコピー」を選択

これでクリップボードにパスがコピーされるので、パスを貼り付けたい場所に「貼り付け」すればテキスト形式で記録することができます。

 

たとえば私の Windows 8.1 のパソコンで「ドキュメント」フォルダーの中に保存した「用語解説.xlsx」というファイルで「パスのコピー」を試したところ、以下のような「パス」がコピーできました。

※ もちろん「hayashi」の部分はパソコン、利用者によって違います。

 

フォルダーの場合でも同様で、フォルダーを [Shift]キーを押しながら右クリック、メニューから「パスのコピー」を選択すれば取得できます。

 
◆◇◆

Windows 8 からはフォルダーを開いたウインドウにリボンが表示されるようになり、そのリボンの「ホーム」タブの「クリップボード」グループ」の中に「パスのコピー」という名前のボタンがあります。

パスをコピーしたいファイルやフォルダーをクリックして選択した後、「パスのコピー」ボタンをクリックするとパスが一発でクリップボードにコピーできます。

あとは好きな場所に「貼り付け」することで記録できます。

 

この記録した「ファイルのパス」から該当ファイルを開きたいときは、まずは両端の「"」を除いた部分をコピーします。

 

次にフォルダーを開いたウインドウのアドレス入力ボックスに「貼り付け」ます。

 

最後に「移動」ボタンを押せば、該当ファイルを開くことができます。

 

理解を深めるための「パソコン用語解説

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコントラブルQ&A」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

年別Q&A (978 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。