「全画面表示」を設定/解除するショートカットキーとは

全画面表示」とは、その名の通り、開いているウインドウのデータ表示部分を画面全体に広げることです。

通常、ウインドウの操作に欠かせないタイトルバーやステイタスバーといった各種バーを非表示にするのが「全画面表示」ともいえるでしょう。

この「全画面表示」への切り替えを簡単にしたいため、多くの場合、ショートカットキーが用意されています。

そして

「全画面表示」のショートカットキーで有名なのは「F11」キー

です。

 

Internet Explorer(IE)などの人気ウェブブラウザは、ほとんど「F11」を採用しているので覚えておくと便利です。


※ 解除は再度、「F11」キーを押します。

 

ほかに「全画面表示」が使いたいアプリケーションとして PDF 形式のファイルを閲覧する Adobe Reader がありますが、ショートカットキーは「F11」キーではなく [Ctrl]+「L」です。


※ 解除は再度、[Ctrl]+「L」 か「Esc」キーで大丈夫です。

 

それからエクセルの「全画面表示」操作はリボンからたどるしかなく、ショートカットキー自体がありません。


※ ちなみに解除は「Esc」キーを押します。

 

このあたりのショートカットキーも、なるだけ各社が統一して、より使いやすいウインドウズにして欲しいものです。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

関連情報を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

過去の用語解説 (255 件)

林 編集長のプロフィール

写真1写真2

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

 詳細 順位

ブログパーツ

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...