ウインドウズでの「タスク」と「プロセス」の違い

タスク(task)」は英語で「仕事」「職務」といった意味で、コンピューターでは処理する仕事の「実行単位」のことになります。

「実行単位」といわれてもよく分かりませんが、単純に考えるとウインドウズでは画面下にあるバーが「タスクバー」ですから、そこに表示されるボタンのひとつずつが「タスク」のはずです。

でも、タスクバーには同じアプリケーションでも複数のウインドウが開くと、複数のタスクボタンが表示されるので、そのあたりが曖昧です。

 

そこでさらに「タスク マネージャー」を開いて、「アプリケーション」タブ画面を確認すると、やはりウインドウズでは

現在、起動されているアプリケーションをタスク

として扱っているのが分かります。

 

ちなみに、複数のアプリケーションを同時に実行させたり、切り替えたりできることを「マルチタスク」と呼びます。

つまり、ウインドウズはマルチタスク対応の OS ということになります。

 

一方の「プロセス(process)」は「処理」「加工」「過程」などの意味がありますが、これもパソコンではウインドウズが処理する「実行単位」ということになります。

ウインドウズでは、アプリケーション以外にも常駐起動させているプログラム(実行ファイル)があり、ひとつのアプリケーションでも複数のプログラムが同時に立ち上がっていることがあります。

これらのひとつひとつのプログラムが「プロセス」です。

 

先ほどの「タスク マネージャー」で「プロセス」タブ画面に現在、起動しているプロセスを確認できます。

ひとつのアプリケーションでも複数のプロセスが起動されているのが分かります。

 

それにしても、ウインドウズの「タスク」と「プロセス」の定義はいまひとつ明確ではないので説明に困ります。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。