エクセル(Excel)で表全体を選択するショートカットキーとは

エクセルで表全体を選択するには、表の左上端のセルを左ボタンで選択して、押したまま右下端のセルまでドラッグしてボタンを離すことでもできますが、ショートカットキー「Ctrl」+「A」も使えます。

もちろん、このショートカットキーを使う前に、表全体を選択したい表の中にあるセルをどれでもいいから選択しておく必要があります。

選択しておくセルは「左上端」でなくても構いません。

 

このショートカットキー「Ctrl」+「A」は多くのアプリで「全体(All)を選択」という機能なので、

  • 表全体を選択したあと、再度「Ctrl」+「A」を押すとさらに広い範囲を選択

するので覚えておくといいでしょう。最終的には「シート全体」を選択できます。

この場合も、表から生成したグラフは選択されません。

 

実は表全体を選択するショートカットキーはもうひとつあって

「Ctrl」+「Shift」+「*」

という組み合わせですが、少し覚えにくい組み合わせでもあるので、とりあえず表全体を選択するときは

「Ctrl」+「A」

のほうを覚えておけばいいでしょう。

 

ただし「Ctrl」+「Shift」+「*」の動作は「Ctrl」+「A」と少し違っており、その動作結果ほうがメリットのある場合があります。

  • 続けて 2回押しても表全体を選択したままで変わらない
    ※ 2回押すと「シート全体」を選択する、といった動作はない
  • 選択した表の中でアクティブ(入力操作の対象)セルの位置が表の左上端となり、すぐに入力や作業を開始しやすい

これらにメリットを感じるなら覚えておけばいいでしょう。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (520 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。