入力デバイスの「エルゴノミクスデザイン」とは

エルゴノミクスデザイン」とは「人間工学」に基づいたデザインのことで、キーボードやマウスなどの入力デバイスで手首などに無理なひねりを加えず、自然に操作できるように工夫したものが有名です。

ウィキペディアによると「エルゴノミクス(ergonomics)」は造語で、ギリシャ語の「ergon(働く)」と「nomos([自然の]法則)」から作られたそうで、ヨーロッパ生まれの学問なのだそうです。

人間工学 - Wikipedia

 

私が「エルゴノミクス」という言葉を最初に聞いたのはずいぶん前で、マイクロソフト社の対応キーボードでした。キーが均等に横一列でなく、指に合わせた位置に配置され、大きなパームレストが印象的でした。

マイクロソフト 有線 キーボード Natural Ergonomic Keyboard 4000 B2M-00028

 

実際に対応キーボードで入力してみると、確かに手首は楽に感じます。

一日中、パソコンでデータを打ち込むような仕事の方にはいいと思う反面、日本の狭いオフィス机には少し合わないのも事実です。

 

それでも、いまもマイクロソフト社をはじめ、キーボードメーカーが新しい対応モデルを発売しているので一定の需要はあるのでしょう。

エルゴノミック キーボード | Microsoft Hardware

マイクロソフト ワイヤレス 人間工学デザイン キーボード+マウス Sculpt Ergonomic Desktop L5V-00022

左右のキーボードの間に真ん中の切れ目(?)があるデザインがユニークです。

 

また、日本のメーカーからは日本人、特に女性を意識した小型サイズの対応マウスなども登場しています。

女性でも使いやすい「エルゴミニマウス 400-MA057

サンワダイレクト エルゴノミクスマウス 小型 腱鞘炎 対策 Windows Mac OS対応 ピンク 400-MA057P

 

もしも通常のキーボードやマウスで手首に負担を感じるような方は「エルゴノミクスデザイン」の商品を検討する価値はあります。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。