「アップデート」と「アップグレード」の違いとは

ソフトウエアにおける「アップデート」は基本は変えずに細かい更新や修正をおこなうことで、「アップグレード」は基本部分を含めて大きく変更すること、と理解しておけばいいでしょう。

アップデート(update)」には「最新の状態にする」という意味があり、新たに見つかった不具合の修正や最新の情報に基づく変更などを反映するときに使われます。「修正プログラム」や「アップデートファイル」などで提供されることが多く、「Windows Update」はそのひとつです。

◆ 「修正プログラム」と「パッチファイル」の違いとは

 

一方の「アップグレード(upgrade)」には「性能向上」「ランク(グレード)を上げる」といった意味があり、小手先の修正というよりも、全体や主要な部分を作り変え、多くは「新しいもの」として提供するときに使われます。全体をインストールし直す場合がほとんどです。

 

では Windows 8.1 は Windows 8 に対する「アップデート」なのか「アップグレード」なのかといえば、主要な部分は変わらず、不評な部分を修正したものなので「アップデート」といっていいでしょう。

Windows 8 から Windows 8.1 にアップデートする - Microsoft Windows

 

一方で Windows 7 から Windows 8 は「アップグレード」がしっくりきます。見た目にも操作法などでも、大きな変更があったからです。

同様に Windows 8 を飛ばして、Windows 7 から Windows 8.1 にする場合も、やはり「アップグレード」ということになります。

Microsoft Windows 8.1

 

絶対ではありませんが、「アップデート」は無料で提供されることが多く、「アップグレード」は有料なことが多いです。

Windows 8.1 は Windows 8 の利用者には無料で提供されたことからも「アップデート」なのでしょう。

 

バージョンと呼ばれるソフトウエアの世代数で、整数部分が変われば「アップグレード(=バージョンアップ)」で、小数点以下が変わるのは「アップデート(=マイナーバージョンアップ)」と捉えることもできます。

7 → 8 バージョンアップ(=アップグレード)

8 → 8.1 マイナーバージョンアップ(=アップデート) 

 

とはいえ、実際には「アップデート」と「アップグレード」の違いは厳密ではなく、「これで?」というレベルのアップグレードでがっかりすることもあり、導入するときは

事前に「どこが変わるのか」は確認しておきたい

ところです。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。