IE の「InPrivate ブラウズ」「InPrivate タブ」とは

InPrivate ブラウズ」とは Internet Explorer(IE) を使うときに訪問した Webページや、そこで入力した各種情報が使用中のパソコンに保存されない状態(モード)になっている、ということです。

IE の初期設定では保存されるようになっているクッキー、インターネット一時ファイル、履歴などを残さないことで、そのパソコンから他人に自分の情報が漏れることを防ぐことができます。

「クッキー(Cookie)」は食べても大丈夫?

「プライバシーモード」「シークレットモード」といった名前を採用しているブラウザーもありますが、IE では「InPrivate ブラウズ」と名付けています。

基本的には同じ情報を保護する機能です。

 

この「InPrivate ブラウズ」は IE8 で採用され、以降、IE9/10/11 にも搭載されており、設定を有効にするには「ツール」メニューから「セーフティ」-「InPrivate ブラウズ」と辿って選択できます。

 

「InPrivate ブラウズ」を設定すると入力ボックス左に「InPrivate」と表記された青いバナーが現れ、これが表示されていれば機能は有効となり、ウインドウを閉じると「InPrivate ブラウズ」は終了します。

たとえばインターネットカフェなどでパソコンを借りて、ブラウザーを使うときには「InPrivate ブラウズ」にしておくといいでしょう。

 

一方、タッチ用 IE10/11 には「InPrivate タブ」という設定があり、タブごとに「InPrivate」機能を有効か無効か変えることができます。

有効なら入力ボックスの左に青く「InPrivate」と表示されます。

 

 

タッチ用 IE10/11では、画面の上端から下に、あるいは下端から上に向けてスワイプすることで操作用バーが表示されます。

 

バーの右端にある「・・・」ボタンをタップして「新しい InPrivate タブ」を選択します。

 

新しい「InPrivate タブ」を開くと、それ以降は、そのタブを閉じるまで「InPrivate」状態が続きます。

たとえば金融機関のサイトなど、一時的に使用中の情報を残したくないときなどにも有効です。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。