「デファクトスタンダード(事実上の標準)」とは

ある市場で、圧倒的に独占状態となることで、ほぼそれが標準であるかのようになっている商品やサービス、技術規格などを「デファクトスタンダード(事実上の標準)」と呼ぶことがあります。

たとえばパソコンの OS としての Windows 、ワープロソフトの Word、表計算ソフトの Excel といったマイクロソフトのソフトウエア群は「デファクトスタンダード」と呼ぶのにふさわしい商品です。

Microsoft Office Excel 2013 [オンラインコード] [ダウンロード] (PC2台/1ライセンス)

「デファクト」は「de facto」というラテン語で「事実上の」という意味があり、「スタンダード(standard)」には「標準」「規格」といった意味があるので、合わせて「事実上の標準」となるわけです。

 

この用語の引き合いによく使われたのがビデオレコーダーの録画規格である「VHS」と「ベータ」の市場争いで、最終的には「VHS」が圧勝して、まさに「デファクトスタンダード」となったわけです。

TDK VHS ハイグレード 120分録画 3本パック [T-120HGUX3]

ところがビデオレコーダーもデジタルの時代となり、いまやほとんどビデオテープは使われなくなり、せっかく「デファクトスタンダード」となっても、まったく別の製品や規格に一変することもあるのです。

 

つまり Windows も「パソコンの OS」 という市場で、いつまでも「デファクトスタンダード」の優位を保てるか分かりません。

Microsoft Windows 8.1

スマートフォンやタブレットの OS 市場で出遅れたことが Windows 8 の強引な設計になったのは明らかですが、現在の事実上の標準である以上、「スタンダード」の部分は大切にしてもらいたいです。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。