「アウトライン表示」の「アウトライン」とは

長い文章やプレゼンテーションの下書きなどで必要な項目を箇条書きで書き出したものを「アウトライン」と呼び、順番を並べ替えたり、階層を作ったり、項目の追加や削除を繰り返して構成していきます。

「アウトライン(Outline)」には「概要」「あらまし」「下書き」といった意味があり、まさに箇条書きや短文を章やページごとに並べ、文章やプレゼンの「あらまし」を考えるときにとても有効な手法です。

3年前のセミナー原稿です。

 

Word にも PowerPoint にも「アウトライン表示」機能があり、まず、 全体の構成を考えてから、詳細を詰めていきたいときに利用しているライターやビジネスマンも少なくありません。

 

Word でアウトライン表示を使うには「表示」リボンの「文書の表示」グループの中にある「アウトライン」ボタンをクリックして編集画面を切り替えます。

 

PowerPoint は 2010 まで、左に表示されるページのサムネイル一覧の上に「アウトライン」タブがあり、切り替えることができました。

 

ところが PowerPoint 2013 は Word に合わせたのか「表示」リボンの「文書の表示」グループに「アウトライン」ボタンが移りました。

 

これを「クイック アクセス ツールバー」に設定しても便利です。

 

この「アウトライン」を効率よく作成するための専用のソフトウエアもあり「アウトラインエディター」や「アウトラインプロセッサー」と呼ばれており、私が愛用しているのは「CarbonFin Outliner」です。

構成のまとめにアウトラインエディター「CarbonFin Outliner」

 

「CarbonFit Outliner」は Word や PowerPoint の「アウトライン作成」機能よりも気軽に使え、パソコンでも iPhone でも使えるので、とても重宝しています。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。