「ビッグデータ」とは?利用者のメリットは?

ビッグデータ(Big data)」とは、文字通り「巨大なデータ(群)」ということで、いままでは収集不可能だった項目や、集めたとしても解析や処理しきれないほどのボリュームを持ったデータのことです。

そんな「ビッグデータ」ですが、昨今の

・ インターネットによる情報通信技術の発展
 - あらゆるものが記録、発信されている

・ スマートフォンなどの情報端末の普及
 - 個人の特定や位置情報の収集など

・ SNS 普及による個人発信データの急増
 - リアルタイム情報、個人情報の宝庫

・ 大容量データの保管や処理能力の向上
 - クラウドサービスの発展

などにより、大いに注目されています。

 

(出典)情報通信審議会ICT基本戦略ボード
「ビッグデータの活用のあり方について」資料7-2

 

ただしサイズに定義があるわけではなく、何を「ビッグ」というのか曖昧です。

膨大なネット上の情報を収集、処理をして検索サービスを構築し、広告ビジネスとして莫大な利益を上げているグーグルなどは「ビッグデータ」で成功した活用事例といえるかもしれません。

 

 

各企業が持っている多種多様な独自情報をデータ処理して、そこからほぼリアルタイムにキーワードや傾向を見つけ出し、そこで得られた知見をビジネスに生かせれば他社との競争力を高められるはずです。

たとえばツイッターに集まる「いま」に関する情報、フェイスブックに掲載される個人情報に紐付いた情報、アマゾンや楽天による買い物履歴など、すでに大手は「宝の山」といえるデータを活用しています。

 

様々な可能性を秘めた「ビッグデータ」ですが、まだまだ言葉が先行している状態です。

「ビッグデータ」を生かし、新しい製品やサービスの誕生、未来の市場創造など幅広い成果が出てくるのは、まさにこれからといえるでしょう。

そして集めたデータ量は十分でも、そこから意味のある結論を取り出せるかどうかが、より重要になります。

 

さらに勉強してみたい方は、以下のページなども参考になります。

ビッグデータへの道:日立

 

一般の利用者としては、覚えなくてもいいキーワードですが、個人がネット経由で何か活動をすれば、その情報を利用しようという企業がいることを知っておくことは大切です。

そして「ビッグデータ」から、よりユーザーの望む商品やサービスが生まれてくるとすれば、それはメリットといっていいでしょう。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。