挿入した画像や図形などを操作する「ハンドル」とは

Windows の様々なアプリケーションソフトで、画面上に画像や図形、グラフなどを挿入して選択すると、その周囲(特に隅)に「ハンドル」と呼ばれる小さな四角や丸が表示され、その「ハンドル」を使ってサイズ変更や回転といった操作ができます。


画像を選択して表示されたハンドルの例

 

たとえば Word 2013 で「挿入」タブを選択して、「図」グループの「図形」メニューから「正方形/長方形」を選びます。

 

その状態で範囲を指定すると、長方形が挿入されます。

ここで長方形の四隅と各辺の中央に表示される小さな白い四角が「ハンドル」です。

 

そしてハンドルをドラッグして移動させることで、長方形のサイズを広げたり、縮めたりできます。


また「Shift」キーを押しながら四隅のハンドルをドラッグすると縦横比率を維持した拡大縮小ができます。


 

「ハンドル(handle)」には「取っ手」「つまみ」「にぎり」などの意味があります。Windows  で使われる「ハンドル」という用語はまさに

挿入したものの周囲に現れるサイズ変更や回転のための「取っ手」

の役割を果たしています。

「ハンドル」をドラッグして実行するサイズ変更や回転操作は直感的なので、とても便利です。

 

そして「ハンドル」は選択を解除すれば消えます。

必要な時だけ現れる便利な操作ツールです。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。