「マルウエア」は「ウイルス」「スパイウエア」とは違う?

マルウエア」はカタカナ読みだと可愛らしい響きですが、「悪質な/悪意を持ったプログラム」という意味で、ウイルスやスパイウエアなど、有害なソフトウエアの「総称」として使われる用語です。

「マルウエア(malware)」は「malicious software」を略した用語で、そのうち「malicious」は「悪意のある」といった意味です。

 

また「mal」は「悪の」「悪い」「不良」といった意味の『接頭語』にも使われており、ソフトウエア(software)の「ware」とつなげて「malware」=「悪質なプログラム」となったという解説もあります。

 

つまり

「ウイルス」は「マルウエア」に含まれる

ということです。

 

ウイルスもスパイウエアも悪質かつ、複雑になる中で、だんだんと「定義」も「境目」もハッキリしなくなりました。そのためそれらを「総称」する呼び名が必要となったわけです。

「マルウエア」という言葉は2000年代半ば頃から使われていますが、 ウイルスやスパイウエアに比べると意味が分かりにくく、定着したとは言い難いのですが、ときどき耳にするので覚えておいてもいいでしょう。

ウイルスと言い切れないけど悪質なプログラムはマルウエア

といった感じです。

 

パソコンだけでなく、スマートフォンでもウイルスやマルウエアのことが話題になっています。

  • ソフォス、無料Androidアプリから見つかったマルウエアのワースト5を発表(bizmash!:@nifty)
永遠のイタチゴッコといっていいでしょう。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。