「ワープロ」といえば Microsoft Word(ワード)が定番

ワープロ」とは「ワードプロセッサー(word processor)」の略で「言葉(word)」を「加工する(process)」、つまり文章の作成や編集ができるものということになります。

1980年代、パソコンが普及する以前に「ワープロ」といえば、それは「日本語ワープロ専用機」のことでした。

日本語変換能力を持ち、文章入力、編集、データ保存ができ、ほとんどの機種が印刷機能を内蔵して、1台ですべてできるのが特徴でした。

日本語ワードプロセッサー 誕生と発展の歴史
(コンピュータ博物館)

 

ワープロに特化したことで購入しやすく、購入後も操作が覚えやすく、起動も簡単だったこともあり、年間生産台数が100万台を超えるヒット商品となりました。

さらに低価格化、高機能化が進む中、1980年末にピーク時には年間出荷台数が270万台に達しました。

 

当時は十分に存在価値がありましたが、メーカー各社の独自規格だったため、保存したデータは他のメーカーと互換性がなく、インクリボンなども別々でした。

さらにネットワークでつなげたり、データ共有するという点はまったく考慮されていませんでした。

そのため、パソコンの低価格化とパソコン用ワープロソフトの進歩と共に1990年代に入ってから販売台数が減少、さらにインターネットが普及したことで完全にその使命を終えました。

『東芝日本語ワードプロセッサ』サポート終了のお知らせ

 

一方、1980年代前半から日本市場を制したパソコンが「NEC PC-9800シリーズ(NEC98)」であり、その NEC98 向けに 1985年、登場した日本語ワープロソフトがジャストシステム社の「一太郎」でした。

一太郎Web:一太郎ヒストリー

 

ところが1990年代半ば、ウインドウズの普及とIBM互換機と呼ばれる安価なパソコンの登場で、日本語ワープロでもマイクロソフト社の「ワード(Microsoft Word)」が強力なライバルとなりました。

特にワード、エクセルをウインドウズを搭載したパソコンに最初からインストールした状態で販売するバンドル手法もあって、1990年代の終わりには「ワード」のひとり勝ち状態となり、現在に至っています。

 

いまでも日本語変換能力に優れている「一太郎」を愛用している人はいますが、特にビジネス利用では「ワード」がいわゆる「デファクトスタンダード(事実上の標準)」となり、簡単には揺るぎません。

ただ「日本語ワープロソフト」としては、もう必要と思われる機能はすでに出尽くした感があり、これ以上の機能追加も期待できないため、これからの「ワープロ」はどうなっていくのか気になるところです。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。