2012年3月 の用語解説(4 件)

ワープロ」とは「ワードプロセッサー(word processor)」の略で「言葉(word)」を「加工する(process)」、つまり文章の作成や編集ができるものということになります。

2007年末に登場した Office 2007 でワードやエクセルに採用された「リボン」は、画面上部に表示され、作業に必要なコマンド(命令)がボタンのように表示される横長の領域のことを指します。

エクセルで「列」つまり、セルが柱状に『縦方向に並ぶ』のが「Column(カラム)」です。

パソコン操作で早めに身につけておきたいのが、選択したテキストやファイルなどを「切り取り」して「貼り付け」するという連続操作で、英語では「カット&ペースト(Cut & Paste)」になります。

スポンサーリンク

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

 

過去の用語解説 (584 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。