「チップセット」が CPU に他の部品や機器をつなぐとは

マザーボードに組み込まれている「チップセット」は複数の集積回路で、「チップ(chip)」=「電子回路素子」が「セット(set)」=「一式」になっている、というわけです。

パソコン内部には、CPU やメモリーといった主要部品が組み込まれる電子回路の基板「マザーボード」があります。

シーピーユー(CPU)はパソコンの頭脳

パソコン内蔵のメモリーは一時記憶媒体

マザーボードはパソコンの母体となる基板

通常、マザーボードは特定メーカーの決まった CPU シリーズだけが使えるようになっています。他の CPU は組み込めないのです。

※ 最近の CPU はシリーズが違うとマザーボードに挿入するための     ピンの本数や配置が変わることが多く、融通が利きません。

 

そんなマザーボードに最初から組み込まれているのが「チップセット」で

「チップ(chip)」=「電子回路素子」が「セット(set)」=「一式」

というわけで複数の集積回路で構成されています。

最近では、ひとつにまとめたチップセットものもあります。

 

このチップセットが、マザーボードに挿入された CPU とメモリー、画像処理チップ、周辺機器との間で効率的にデータを受け渡したり、動作を制御したりしています。

特定の CPU シリーズに最適化されたチップセットが開発され、チップセットの種類によってマザーボードの性能も違ってきます。

つまり、マザーボードを購入する場合、対応している CPU シリーズは何かを確認して、さらに搭載されたチップセットもチェックして、どこまで機能が拡張できるかを調べておく必要があります。

 

 

もちろん、市販の完成したパソコンを購入する場合、チップセットを気にする必要はほとんどありませんが、2011年の春モデルとして発売されたパソコンの一部に、このチップセットの不良がありました。

米インテル、Intel 6シリーズ チップセットに問題
  (2011年02月01日 ITmedia +D PC USER) 

チップセットはマザーボードに最初から組み込まれているので、交換する場合はマザーボードごと、交換する必要があったわけです。

そんなこともあり、チップセットについて簡単に解説してみました。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。