「グラフィックボード(ビデオカード)」「GPU」「VRAM」とは

グラフィックボード」とは、パソコンに組み込んでディスプレイに画像や動画を表示させるための部品です。そのボード内で画像処理の計算をする部品が「GPU」で、そのための専用メモリーが「VRAM」です。

「GPU」は「Graphics Processing Unit」の略で、グラフィック専用の「CPU」みたいなもので、「VRAM」は「Video RAM」の略で、これもグラフィック専用の「メモリー(記憶装置)」というわけです。

 

通常はマザーボードの増設カード用スロットに挿して、ディスプレイにつなぐ出力端子が追加されます。

 

ちなみに「グラフィックボード」は英語で「graphics board」なので「グラフィックスボード」と表記されたり、また「グラフィックカード」や「ビデオカード」と呼ばれることもありますが、役割は同じです。

※「VRAM」は「ビデオメモリー」「GPUメモリー」とも呼ばれます。

「グラフィックボード」は市販のパソコンには搭載されていないことも多く、その場合はパソコンの「CPU」に「GPU」が内蔵されていたり、さらに「メモリー」の一部を「VRAM」として兼用していたりします。

 

一方で「3D」など、高度な画像処理が必要なゲームを快適に表示するには「グラフィックボード」の搭載が不可欠で、「ゲーミング PC」には処理能力の高い「グラフィックボード」が搭載されています。

B07V8V37R4

高性能の「グラフィックボード」は消費電力も発熱も多いので「冷却用ファン」が欠かせず、見た目はごつくなります。

 

今後、動画を使ったサービスやアプリがますます高度化していくと、一般の利用者でもパソコン購入時に搭載の「グラフィックボード」をチェックするのが当たり前の時代が来るかもしれません。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (552 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。