「シーピーユー(CPU)」とはパソコンの頭脳回路

「Central Processing Unit」の頭文字を取って「CPU(シーピーユー)」ですが、お堅い訳は「中央演算処理装置」であり、パソコンの「頭脳」に当たる部品(集積回路)です。

パソコンというのは結局、「イチ」か「ゼロ」かという単純な計算を気が遠くなるような回数、超高速で行なう(処理する)ことで高度な計算や解析を行ない、色々な仕事をしてくれます。

Process は『処理する』、Central は『中央の』とか『中心の』といった意味ですので、CPU はパソコンの中で、中心となって膨大な計算を高速に処理(演算)している装置(部品)ということになります。

 

現在(2002年)、Windows パソコンで使われている CPU は「インテル(Intel)」という専門会社が開発製造している「ペンティアム(Pentium)」や「セレロン(Celeron)」が主流です。

ほかにも「AMD」が製造する「アスロン(Athlon)」などがありますが、インテルが強いです。

追記(2012/1/4)

インテルはその後、「コアツー(Core2)」や「コアアイ(Core i)」といった CPU のシリーズを開発。新しい技術で、より処理能力の高い製品を生み出しています。

 

人間でも賢い人を「頭の回転が速い」といいますが、CPU もその計算の処理速度を上げるためには、より高い周波数で使うことができればいいわけです。

同じ種類のCPUであれば、300MHz よりも 350MHz の動作周波数で動くCPUのほうが計算する時間は「速い」わけです。

 

もちろん、同じ計算でも計算方法が違えば、回答までの時間(効率)に差が出ますから、CPU の種類や仕組みが違えば、同じ周波数でも計算の内容によっては能力に違いが出てきます。

 

たとえばイメージとして「1から100までの整数を足す」という計算でも、1から順番にひとつずつ足していく方法と、足して「101」になる組み合わせが 50回あるから「101x50=5050」と計算するのとでは計算時間に雲泥の差があります。

※(1+100)+(2+99)+(3+98)+・・・+(50+51) = (101)x50 = 5050
  天才数学者ガウスの幼少時代のエピソードとして有名です。

 

動作周波数をあげることと、計算を効率良くできるカラクリや工夫を加えることで、CPU はさらに進化をしており、より高速になってきています。

いまでは私達のパソコンの中にさえ、一昔前には「スーパーコンピュータ」と呼ばれていた大型コンピュータにも匹敵するほどの能力を持った CPU が毎日、頑張ってくれているのです!

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。