「レジストリー(registry)」とは禁断の設定ファイル

パソコンの各種設定情報が一括して登録されているデータファイルのことを「レジストリー(registry)」といいます。

英国で「registry office」は「戸籍登記所」を意味します。

パソコンのレジストリーには、ウインドウズのシステムはもちろん、導入済みのソフトウエア、ハードウエアの「戸籍」ともいえる基本的な情報や設定が登録されています。

 

パソコンにソフトウエアやハードウエアを追加、削除をするたびに、レジストリーにも情報が追加、削除され、コントロールパネルで設定を変更する場合も、このレジストリーが書き換えられます。

技術的な知識が充分にあれば「レジストリーエディタ(編集ソフト)」を使って、普通は変えられないウインドウズの設定を変えたり、問題のある部分を直接、修正、追加、削除することも『可能』です。

 

一方、この

レジストリーのデータを知識もなく変更したり、削除したりすると最悪、パソコンが正常に動かなくなる恐れもある

ので、初心者にとっては『禁断のファイル』と言ってもいいでしょう。

 

逆に「コントロールパネル」は、直接レジストリーをいじらなくても安全に設定を変更できる便利なツールなのです。

 

書店やネット上で「レジストリーを変更すると速度が速くなる/便利になる」といった情報もありますが、一定の知識があることを前提にしており、試すには事前のバックアップなどが必要です。

 

パソコンを扱っているうちにレジストリが削除されたり、破損したり、特定のプログラムに不具合を起こす情報に書き換えられてしまう場合がありますが、一般の利用者がそれを直接修正するのは困難です。

そんなとき、マイクロソフトが提供する「Microsoft Fix it」といった専用プログラム(ツール)で比較的、安全にレジストリーを修正できる場合もあるので、使えるときは利用してもいいでしょう。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。