「オペレーティングシステム(OS)」とは基本ソフト

オペレーティングシステム(Operating System)」を略して「オーエス(OS)」と呼びますが、コンピューターを動かすための基本となるソフト、つまり日本語で「基本ソフト」と呼ばれています。

「operate」は「動作させる」「操作する」といった意味です。

つまり「オペレーティングシステム」というのは「操作に必要な仕組み」といったところで、ソフトウエアでその「仕組み」を実現しています。

 

コンピューター(パソコン)は各種ソフトウエアを使うと、文書作成、デジタルカメラの写真加工、音楽編集などなど、多種多様なことができますが、その基本となる作業は共通しています。

たとえば

 ・ ファイルやフォルダーの管理

 ・ マウスでカーソルを動かし、クリックやダブルクリックでの操作

 ・ キーボードの各キーに対応した文字を画面に表示

 ・ 指定したハードディスクや CD-R にファイルを保存

 ・ 印刷の機能をアプリケーションに共通で提供

といった様々なパソコンの基本操作や動作を「基本ソフト」が受け持っているわけです。

 

パソコンは様々なメーカーのハードウエア、ソフトウエアを組み合わせて構成されています。

そんなパソコンが、きちんと動作するように制御するのも OS の大切な役割です。

 

OS に対して、ワープロや通信など具体的な作業を行うソフトをアプリケーションソフトといいます。

「application」は「適用」とか「応用」といった意味ですから、「基本」があってはじめて「応用」がある!といったところなのでしょう。

 

OS に対応したアプリケーションソフトは基本操作が同じなので、利用者も共通部分を一度覚えれば毎回、最初から覚えなくていいというメリットがあります。

OS が「パソコン」を一般に普及させたといってもいいでしょう。

 

パソコン用のOSとしては Windows XP や Windows 7 などの、マイクロソフト社製の「Windows(ウインドウズ)」が最も有名ですし、実際に多くの方が利用しています。

一方、ユーザーは少ないものの、アップル社の「マックOS」も操作性の良さから、根強い人気があります。

 

追記(2012/2/12)

最近では、パソコンのOSよりも、スマートフォンのOSのほうが注目されています。アップルの iOS とグーグルの Android OS が有名です。

◆ 「Android(アンドロイド)」とは

そして今年は Windows 7 に継ぐ新しい OS が登場します。基本に忠実なソフトであって欲しいところです。

 

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。