「ドライバー(driver)」 とはハードを動かすソフトウエア

周辺機器をパソコンとつなげるときには専用のソフトウエアが必要です。このソフトウエア(プログラム)のことを一般的に「ドライバー」といいます。 

「ドライバー(driver)」とは「動かすもの(人)」という意味で、自動車を動かす人も、ネジを回す工具も、ゴルフでボールを飛ばす道具も、そして周辺機器を動かすソフトウエアも、みんな「ドライバー」です。

 

シンプルなマウスやキーボードなどは、ウインドウズがすでにシステムの一部として用意している「ドライバー」ですぐに使える場合もあります。

そんなときはパソコンに周辺機器を USB などで接続するだけで、自動的に最適な「ドライバー」を適用してくれます。

 

「ドライバー」がウインドウズに用意されていない場合、新しい周辺機器を購入するとパッケージに付属している CD-ROM などに、その周辺機器専門の「ドライバー」が用意されています。

その CD-ROM の指示に従って「ドライバー」をインストールすることで、パソコンは周辺機器を認識して動かすことができます。

 

ウインドウズをバージョンアップするときなど、いままで使えていた周辺機器が動かなくなる場合があります。

そういうときは「ドライバー」が古く、新しいウインドウズについての情報が不足しているため対応できないことがあるのです。

 

その周辺機器がそれほど古いものでなければ、周辺機器メーカーのホームページへ行くと「ダウンロード」あるいは「ドライバー」「ソフトウエア」といったタイトルのページがあり、そこに最新の「ドライバー」が紹介されています。

そこから最新の「ドライバー」を「ダウンロード」して、古いものと入れ替えれば問題なく動くようになる場合があります。

 

また、購入済みの周辺機器を別のパソコンにつなぐとき、付属の CD-ROM がないこともありますが、そんなときもほどんどの機器が「ダウンロード」で「ドライバー」を再入手することができます。

製品名と「ドライバー」というキーワードの組み合わせで検索すると高い確率で見つかります。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (446 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。