Windows 7 の「延長サポート」とは?終了日はいつ?

「Windows 7」などマイクロソフト製品は、発売後最低 5年間の「メインストリームサポート」で機能や品質の更新、さらに最低 5年間の「延長サポート」でセキュリティ更新を提供後に終了します。

Windows 7 の発売は 2009年10月22日で、そこから始まる「メインストリームサポート」は 2015年1月13日まで。そして「延長サポート」は 2020年1月14日に終了と告知されています。

この「延長サポート」終了以降は「セキュリティ更新プログラム」は提供されません。

 

「セキュリティ更新プログラム」の提供が終了すると、プログラムの不具合やセキュリティ上の問題点は修正されなくなり、その欠陥を狙った悪質なプログラム(マルウエア)の被害に合う確率が高くなります。

「延長サポート」の終了と同時に Windows 7 が使えなくなることはありませんが、使い続けることはまったく推奨できません。

 

Windows 7 を搭載したマシン自体、かなり古い機種なのは確かなので、これを機会に買い換えなどの検討をおすすめします。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (498 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。