Windows 11 に無償アップグレードできますか?

質問現在、使用中の Windows 10 を今度、登場する Windows 11 に無償アップグレードできると聞きましたが本当ですか?

回答本当ですが、お使いのパソコンが Windows 11 を動作するための要件を満たしている必要があります。

2021年10月5日にリリース予定の Windows 11 ですが、Windows 10 搭載パソコンなら無償でアップグレードできる可能性があります。

実際は Windows 11 が動作する「要件」を満たしている必要があります。その具体的な「最小要件」は以下の通り。

qa210901-03.png

あくまでも「最小要件」で、たとえばメモリーは 4GBとありますが快適に使うなら 8GB以上、ストレージも 64GB では厳しく 256GB 以上は欲しいところです。

 

さらに詳しく使用中の Windows 10 搭載パソコンが Windows 11 を動作するために必要な要件を満たしているかの確認は「PC 正常性チェック」というアプリが提供される予定です。

現在(2021年9月6日)はまだ「準備中」となっています。公開されたら使ってみるといいでしょう。

◎追記(2021/9/21)

「PC 正常性チェック アプリ」の提供が再開されました。

20210921 112914.png

 

早速、ダウンロードして起動すると、開いた画面はこんな感じ。

20210921 113051.png

 

「今すぐチェック」をクリックした結果がこちら。

20210921 111924.png

 

「すべての結果を表示」をクリックすると以下の情報が追加表示。

20210921 113752.png
20210921 113832.png

ずいぶん分かりやすくなりました。

 
◆◇◆

あと「最小要件」の中には「TPM 2.0」という項目がありますが、別途、解説したので参考にしてみてください。

「TPM 2.0」の搭載は「デバイスマネージャー」でも確認できます。

  1. 「スタート」ボタンを右クリック、表示されるメニューから「デバイスマネージャー」を選択。
  2. 「デバイスマネージャー」で「セキュリティデバイス」という項目を探して、存在して折りたたまれていたらクリック
  3. 「トラステッド プラットフォーム モジュール 2.0」があれば「TPM 2.0」が搭載されていることが確認できます。
    wd210901-02.png

結果、Windows 11 へアップグレードできなくても Windows 10 のまま使い続けられます。Windows 11 のリリース後も Windows 10 は更新され、2025年10月14日までサポートは継続されます。

 

理解を深めるための「パソコン用語解説

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコントラブルQ&A」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

年別Q&A (1003 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。