「ハイビジョン(HD)」「フルハイビジョン(フルHD)」とは

ハイビジョン」とは、一定の基準を超えた高精細度の放送やテレビに用いられる言葉で、対応するテレビの解像度は 1280x720 以上で、最大の解像度 1920x1080 を満たすのが「フルハイビジョン」です。

「ハイビジョン」は「NHK放送技術研究所」が より高精細でワイドな次世代テレビを目指して研究開発していた「高品位テレビ」を実用化するときに命名した名前です。

テレビ放送がアナログからデジタルに移行した歴史もあって「ハイビジョン」の「解像度」による定義は明確ではありません。

 

「ハイビジョン」を「HD」と表記することもありますが、英語で「High Definition」の頭文字です。

一般的に「HD」の解像度は 1280x720 ですが「ハイビジョン」「HD」と称されるテレビの解像度が 1366x768 のこともあって混乱します。

そして「ハイビジョン」の最大解像度(1920x1080)となる「フルハイビジョン」は「フルHD」「Full HD」「FHD」などと表記されています。

ここまでを図にまとめると、こういうことになります。

wd210609-03.png

 

現在、販売中のテレビでは 32型以下は「ハイビジョン」、40型以上は「4K」が主流で、「フルハイビジョン」はその中間(32~40前後)で採用されています。

この中で「ハイビジョン」として市販されているテレビの解像度は 1366x768 となっています。

wd210609-01.png

1366x768 は「1280x720 以上、1920x1080 未満」なので「ハイビジョン」に分類されています。 

現在、テレビで 32型以下は「ハイビジョン」が多く、普通のテレビ鑑賞なら細かい文字もないので「フルハイビジョン」の必要はないのでしょう。

 

一方、パソコン用液晶ディスプレイで 24型前後は解像度 1920x1080 という「フルHD」の製品が中心で1万円台で十分な製品が購入できます。

そのため液晶テレビをパソコンにつないで使いたいのであれば、仕様で解像度をよく確認しましょう。細かいパソコン操作には「フルHD」以上が望まれます。

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコン用語解説」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

五十音順」インデックス

別サイトで「パソコン用語集」も公開しています。

過去の用語解説 (590 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコン用語解説」では厳密さよりも、分かりやすさ、覚えやすさを優先しています。そのため強引なたとえを使ったり、編集長独自の見解も交えておりますのでご了承ください。解説の中でパソコンの設定や操作法を紹介していますが、お使いのバージョンなど環境によって違う場合があります。

また、本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。