大切なファイルを複数のドライブに同時に書き込み保存

質問ハードディスクが故障しても大切なファイルを保護できますか?

回答2つのドライブに同じファイルを同時に保存する設定が可能です。

パソコンでファイルの保存に使っているハードディスクや SSD などは、滅多に故障しなくなったとはいえ、いつ障害が起きるかは分かりません。

そのためにも大切なファイルの「バックアップ」は欠かせません。

もちろん最近ではインターネット経由で「OneDrive」「Google Drive」などの「オンラインストレージ」を使うことで手軽に、ほぼ時間差なく意識しなくてもバックアップできるようになったのも確かです。

とはいえ、やはり手元に保存しておきたい大切なファイルもあります。

 

そんなとき、2つのドライブに同じファイルを同時に保存ができるなら、片方に障害が起きても大切なデータを失うことはない、というわけです。

そんな設定ができるのが Windows 10 標準の「記憶域スペースの設定」というアプリです。

「コントロールパネル」の「記憶域」という項目を開いて

wd210623-04.png

 

「新しいプールと記憶域の作成」をクリックすると開始します。

qa210623-02.png

 

「記憶域スペースの設定」アプリの「ユーザーアカウント制御」画面が開くので「はい」を選択します。

qa210623-03.png

 

すると「記憶域プールの作成」画面が開き、現在、パソコンにつながれているハードディスクや SSD などが表示されます。買ったばかりなら「未フォーマット ドライブ」、使用済みであれば「フォーマット済みドライブ」の中にあります。

qa210623-06.png

※ドライブに「ローカルディスク(Cドライブ)」は含まれません。

たとえば同じ容量の外付けハードディスクをパソコンにつないでいたら「記憶域プールの作成」画面にその2台が表示されるので選択してから「プールの作成」ボタンをクリックして実行します。

qa210623-07.png

ただし「プールの作成」を実行時に、保存されているファイルが完全に削除されるので注意が必要です。

 

「プールの作成」が完了すると「記憶域の作成」画面が開くので、

  • 記憶域の名前
  • 回復性の種類
  • サイズ

を入力/選択します。「記憶域の名前」は自分が分かれば何でもいいです。

qa210623-04.png

ポイントとなる「回復性の種類」ですが

  • シンプル(回復性なし)
  • 双方向ミラー
  • 3方向ミラー
  • パリティ

がありますが、2台のハードディスクに同時保存なら「双方向ミラー」を選択します。

qa210623-05.png

これで見た目にはひとつのドライブ「記憶域(E:)」が作成されますが、容量はひとつ分となります。

qa210623-09.png

実際にはファイルを保存すると2台同時に書き込まれます。

 
◆◇◆

「双方向ミラー」ではなく「シンプル(回復性なし)」を選択すると、2つのハードディスクを容量を合計したひとつのストレージとして使えます。

qa210623-08.png

合計を越えた設定も可能です。2台で足りなくなったら新しいハードディスクを追加も可能です。

qa210623-10.png

ただし「回復性なし」なので、ファイルの保護はありません。

ほかにも3台体制の「3方向ミラー」などもありますが、一般の利用者であれば2台体制の「双方向ミラー」を使えば十分でしょう。

 

「双方向ミラー」で、もし片方に障害が出たら管理画面で「警告」が表示されますが、新しいドライブを追加し、障害の起きているドライブを削除することができます。

もちろん「オンラインストレージ」によるバックアップがお勧めですが、

  • どうしても手元に置いておきたい
  • 保存したいファイル容量が大きい
  • 有料のサービスは契約したくない

といった場合には「双方向ミラー」による「記憶域」の作成と利用も選択肢としてアリでしょう。

 

理解を深めるための「パソコン用語解説

スポンサーリンク

ご意見&コメント

パソコントラブルQ&A」をご利用いただき、ありがとうございます。

「参考になった」「ちょっと違うかも?」というときは TwitterFacebookページを使ってご感想やコメントをいただけると嬉しいです!励みにもなりますし、必要に応じて情報の追加や修正もしてまいります。

 

こちらの記事もいかがですか?(一部広告含む)

関連した記事を検索

パソコントラブルQ&A」「パソコン用語解説」では関連Q&Aや用語解説を豊富に掲載中です。検索してみてください!

年別Q&A (992 件)

編集長のプロフィール

編集長

:パソコン生活応援アドバイザー。「なにしろパソコン.com」サイト運営、メルマガ編集、セミナー講師からコラム・書籍執筆まで実績豊富!

「パソコントラブルQ&A」ではトラブル解決のヒントなども紹介していますが、解決をお約束するものではありません。 トラブルの深刻度やご利用のパソコン環境によっては効果がなかったり、ほかのトラブルを誘発する場合もあります。そのため、作業前に大切なデータは、ご自身で必ずバックアップをおこなってください。

本サイトを参考にしたパソコン設定、サイト閲覧、紹介したソフトウエアや機器の購入&使用、そしてトラブル対応やインターネット活用は『利用者の責任』でお願いします(免責事項)。